メンタルトレーニングで演奏の喜びをもう一度取り戻そう!

  • 本番になると手がガタガタ震えてしまい、自分の力の半分も発揮できない
  • 大きな本番やコンクールが近づくと、不安が高まり、眠れなくなる
  • ピアノの演奏で止まってしまうことが何回も続いている
  • これまで楽しんでいた演奏が、最近、苦痛になっている

本コースでは、プロ・アマを問わず、音楽に取り組んでいる方々に、演奏時の緊張(演奏不安・演奏のあがり症)を克服し、演奏の喜びを再び取り戻してもらうことを、まず一番の目的としています。

長い間、必死に練習した技術を、コンサートやコンクール、オーディションなどの本番で発揮できないのは、本人も、周りの人も、残念で仕方がありません。演奏が恐怖の対象に変わり、演奏の喜びや、将来の可能性を奪ってしまうからです。

過去に石井塾を訪れた演奏家の多くが、自己流で、自律訓練法や呼吸法、タッピング、プラス思考、成功イメージなどを試してみたものの、抜本的な解決に至らずに、難しい努力を続けていました。

また、音楽家の間では効果があるといわれている「アレキサンダーテクニック」の講座や個人レッスンに、何か月も通ってみたものの、あまり効果を感じることができないでいました。

石井塾ではこれまで、演奏に関する悩みに関しては、かなり高い確度で「緊張やあがり症」を克服させてきた自負があります。

これまでの多くの音楽家と同じように、石井塾で正しくメンタルトレーニングをしていけば、必ず演奏不安・演奏のあがり症は改善します。

あなたの努力を無駄にさせません。もう一人で難しい努力を続けないで、専門家の門を叩いてください。あなたが思っている以上に、あなたの演奏不安の悩みを短期間で解決することがあります

そして、あなたが演奏のあがり症を克服した先には、フロー体験が待っています。

演奏不安・演奏のあがり症とは?

音楽家にみられる「過緊張・あがり症」は、MPA(Music Performance Anxiety;音楽演奏不安症)と呼ばれています。

演奏不安は、文字とおり、演奏するときに不安になり、心身のコントロールが利かなくなってしまう症状です。

繊細な旋律を奏でなければならない演奏家にとっては、非常につらい症状で、思った通りに演奏できないだけでなく、途中で止まってしまうなど、致命的な結果をもたらすことも少なくありません。

演奏不安は、音楽専攻の学生が本来の才能を伸ばしきれなかったり、自信をなくして途中で専攻を変えてしまう大きな原因のひとつとなっています。

演奏不安は、プロにも、アマにも起こりますが、アマチュア音楽家の中には、技術が向上し、演奏レベルが上達すれば、こういった演奏不安はなくなるはず、と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

技術が上になればなったで、さらに高いレベルの演奏を求められるし、難しい曲やパートが待っています。

ですから、プロ音楽家でも、このような演奏不安を抱えている人は多いのです。そして、中には、ひどい演奏不安によって、音楽活動を続けられなくなってしまうこともあります。

実際、1997年に、FIM(音楽家国際連盟)が行った調査によると、20%以上の音楽家が、過去に、ベータ遮断薬(ベータ・アドレナリン・ブロッカー)という、あがりを抑えることができる薬を飲んだ経験があるそうです。

なぜ自己流ではダメなのか?

音楽と感情の心理学音楽と感情の心理学 』(誠心書房2008)という書籍が、この演奏不安について、ひとつの章(第7章)を割いて解説しています。

この本は学術的な書籍で、一般の音楽家や社会人が読むには、少し難解なところもありますが、海外の先進的な研究者がまとめたものであり、古くさくなく、とても参考になります。

その著者が、演奏不安を抱える音楽家が、自分なりの方法を続けても、なかなか効果を実感できない理由について解説していますので、部分的に引用したいと思います。

 

音楽家は自分では有益だと考える対処活動であっても、実際には演奏不安を緩和するには役立たない活動をしていることがある。対処の努力は驚くほど硬直的で柔軟性が見られない。

よくある例は、楽器奏者や歌手が大事な演奏の日に行う「儀式」である。たとえば何時間ものあいだ人と口をきかない、ある決まった食べ物を食べる、特定の色の服を着る、特定の通りを特定の時刻に通るなどである。こうした儀式的な行動は、音楽家たちがその儀式をしたときに偶然に演奏がうまくいったと信じたことから、何か月かあるいは何年もかかって発達してきたと考えられる

しかし対処の儀式的日課を実行できないときに問題が起こる。予定外のリハーサルが召集されることもあるかもしれないし、交通規制のせいで通行ルートを変えなければならないことになるかもしれない。こうしたときパターン化した対処儀式に頼ることを習得してきた音楽家は混乱状態に陥ってします。

第7章 第5節 演奏不安への対処

続けて、著者は、演奏不安を克服するうえで有効な治療法には、4つの要素があると述べています。

自己査定スキル 自分がどれだけ緊張しているかを客観的に把握する。これがないと自分が学習している対処スキルの効果がわからない。
リラクセーションスキル
(バイオフィードバック訓練)
生理系の興奮をコントロールできるようにする。演奏不安とは生理ストレスであり、それをコントロールできるようする具体的方法が決定的に大事である。
 認知的スキル 演奏前や演奏中に起きる否定的な考えに対抗する。方法は多いが、具体的には、イメージ演奏や思考の言語化
演奏本番で役に立つ
メンタルスキル
上記スキルを身につけても、本番で使えないと意味がない。あがり症の音楽家の多くは、自分にとって何が有効かを判断する段階に達しないうちに、すぐに別の方法を試してみようとする傾向にあり、決め手となる対処スキルがなかなか身につかないのが問題である。

これまで関わった音楽家の多くが、自己流で、呼吸法や自律訓練法、成功イメージなどに取り組んでいました。しかし、ほとんどが、その効果を感じることが出来ていなかったのは、変化を起こすために重要な、これらの4つの要素が不足していたからです。

努力はされていたのに、その努力の大半が無駄になってしまっていたのです。

石井塾のプログラムは、これらの4つの要素を踏まえており、プロの専門家がしっかりと、本番で使えるようになるまで、メンタルスキル(対処法)を指導しています。

具体的には、呼吸法やイメージといったストレス対処法を、バイオフィードバックを使って正しく繰り返し指導し、本番で使えるようになるまで、地道に少しずつ負荷をかけながら上達させていきます。

そのうえで、個人セッションを通して、これらの対処法がどのような効果があったのかを、一緒に振り返ります。そこに間違った思い込みや偶然の要素があれば指摘するので、正しい客観的な自己査定ができるようになるのです。

このサイクルを繰り返していくことで、本当に自分にあったスキルを発達させることができるようになります。

ここまで行けば、あがり症の克服は、時間の問題です。

演奏が上手になるには、良い先生について、自分の演奏を見直してもらうことが大事ですよね?あがり症の克服にも、全く同じことが言えるのです。

音楽家向けのプログラム

短期集中コース (60分×6回/60,000円) ※学生・アマチュアは75,000円(平日昼割引あり)

短期集中コースは、およそ2か月の集中コースで、60分のセッション×6回となります。

具体的には、次のようなアプローチを行います。

■ レゾナンス呼吸の完全習得
■ オリジナル・ルーティンの設定と習慣化
■ 各種イメージトレーニング

2か月の集中コースで、ほとんどの方が、平常心を、言葉の意味としてではなく、体の感覚として、捉えられるようになります。このような平常心を繰り返し経験することが、本番で緊張をコントロールするうえで、大切な地ならしとなります。

短期集中コースの最中に、どのくらいのあがり症を改善できるかどうかは、現在のあなたの状況や、トラウマの深刻度などにもよりますが、与えられた課題(1日30分程度)をこなした音楽家のほとんどが、日常生活、及び演奏場面での緊張緩和を実感します。そして、このトレーニングの方向性が実感できています。

※「携帯エムウェーブ」の無料レンタル特典つき
※ 平日11時から18時までに受講できる学生は10%の割引があります。

定期フォローアップ/月20,000円から応相談 ※学生・アマチュアは25,000円(平日昼割引あり)

現実的な話として、あがり症を引き起こす「トラウマ」が深刻なひと、また、その症状を長く抱えてしまっていた人ほど、改善や克服には時間がかかります。

また、演奏種目によっても、時間がかかるものと、そうでないものがあります。

2か月の短期集中コースで、改善の兆しや方向性は見えたものの、まだ克服とはいえず、しばらく継続的にトレーニングを続けたい人のプログラムです。

定期フォローアップでは、より長期的なスパンで、演奏会やコンクールを何度か経験しながら、本当に大きな舞台でも、必要以上に緊張せずに、平常心で、演奏できるようになることを目指します。

深刻なあがり症を克服するには、コーチとの相性、また、どのような信頼関係を築くことができるかが、とても重要です。短期集中コースを受講したうえで、定期フォローを受けるかどうか決めてください。

※ 短期集中コース、定期フォローアップによって、あがり症を克服したプロの演奏家で、さらなる高みを目指したい場合には、石井塾の「フロー体験コース」にコース変更が可能です。
※ 受講スケジュールは定時ではなく、その都度、あなたのスケジュールにあわせて、時間調整することが可能です。仕事で多忙な演奏家でも、継続して受講することができるシステムです。

受講者の入塾動機

現在、演奏活動や合唱指導を行っています。しかし、ある出来事から人前で声を出すことに極度の恐怖心を持つようになってしまいました。そのため、レッスンでは出来ることも人前に出ると全く出来なくなってしまいます。また高音に関しては特に恐怖心があり、ある特定の音を越えると条件反射のように身体が固まってしまいます。今は合唱や小さなソロの仕事が主ですが、ここ3年くらいのうちにはオーディションやコンクールを受けたいと思っているため、なんとかこの状況を乗り越えたいと思いメール致しました。基本的に上記の日時は空いているので、出来れば早いうちにお願いしたく存じます。
(20代・女性)

先日独奏での演奏の本番がありました。最初のほうに一回ミスをしてしまい、続けて弾けるかどうかがとても不安になり、体が固くなり、普段きちんと動いていた指もコントロールが難しくなってしまい、むりやり弾ききったという大変怖く、悔しい本番をしました。独奏の本番では過度に集中しすぎて、かえって自分で緊張をつくりだしているような気がします。またささいなこと(例えば聞いている方の動きが演奏中に目に入ってしまうとか)で集中力がとぎれ、ミスをしてしまうことあります。伴奏の本番もあるのですが、そちらの場合は自分のペースよりも相手方に注意しつつ合わせるので、かえってうまく集中できていることが多く、ソロの時ほど体が固くなることはないと感じています。ソロの時も稀に何も考えなくて集中できて演奏がうまくいくときもあるのですが、そのような状態が毎回確実に作れるようになりたいと思い、貴コースに興味を持ちました。どうぞよろしくお願いいたします。
(40代・女性)

演奏時に手が震えてしまい、自分の思ったように演奏できません。震えはソロで演奏するときに起きます。大勢の中で演奏する際は起きません。なんとかしたいと思っています。よろしくお願いします。
(30代・男性)

ピアノの講師をしています。15年ぐらい前から講師演奏の時あがってしまい演奏ができません。あまりにもひどく毎年苦痛です。舞台で演奏するのが楽しいと思うように改善したいです。ピアノが好きなので講師演奏を続けたいと思っています。
(40代・女性)

音楽家の体験談ほか

音楽家(プロ・アマ問わず)は、真面目な方が多く、地道なメンタルスキルの上達をモットーとする石井塾との相性が抜群です。抱えられている症状もほぼ同じで、これも石井塾の一番得意としているところです。症状の深さによって、時間は多少かかることがあるものの、十分な改善を見せるケースが多いです。

これまで受講した音楽家の回復事例や体験談、報告を、塾長の活動ブログで紹介していますので、ご覧ください。

※ 音楽関連のブログエントリーは、「音楽・演奏」関連タグをクリックすれば、抜粋されます。

まずはお試し相談から!

短期集中コースをいきなり受講することはできません。まずはお試し入塾相談にお越しください。

お試し入塾相談(90分・有料)では、塾長自ら、カウンセリング形式にて、あなたの話をまずはじっくりと伺います。

塾長は、これまで多くの音楽家へのメンタル支援の経験から、あがり症の原因、その深刻度などが大体わかります。

そのうえで、あなたが不安に思っているであろう、下記のことについて回答します。

  • どのようなメンタルトレーニングを行っていくか?
  • 本当に改善が期待できるか?
  • どのくらい改善するのか?
  • 改善はどのように進んでいくのか?
  • 改善までに、どのくらいの時間がかかるのか?
  • 改善までに、どのくらいの費用がかかるのか?
  • 入塾に関して、疑問や不明な点はないか?

あなたが考えている以上に、あなたの問題は、すんなりと改善する可能性がありますし、石井塾のメソッドでは、効果が期待できないこともあります。それをまずは正直にお話しします。

さらに、実際に平常心を鍛えていくメンタルトレーニング(レゾナンス呼吸法&各種イメージ法)を体験頂きます。

レゾナンス呼吸法を行う際には、心拍リズムを測定する「エムウェーブPC」を使って、呼吸がもたらす体への影響を、実際に観察して頂きます。これまで指導した多くの受講生が、このバイオフィードバック装置によって、呼吸の重要性に気づきます。

まずはお試し入塾相談で、これまで大勢のプロフェッショナルへのメンタル支援をしてきた専門家が、あなたの状況についてどう考えるのかを知っておくのも悪くないでしょう。

改善可能性や本当の原因、コーチとの相性、トレーニング方法などを確認したうえで、短期集中コースに進むかどうかを決めることができます。

なお、石井塾では、無理な入塾を勧めることはありませんので、どうぞご安心ください。