脳科学・神経心理学

「考えるな、感じろ」をトレーニングできる科学的な方法

当ブログの左上にある石井塾のロゴですが、これは何をモチーフにしているか、おわかりでしょうか?このロゴは、ブルース・リーをモチーフにしたものです。

そして、映画 『燃えよドラゴン』の中での名言が、「考えるな、感じろ」であり、石井塾が目指しているフロー体験(ゾーン体験)のためのメンタルトレーニングの骨子となるものです。

その映画のワンシーンが、Youtubeにアップされていましたので、紹介したいと思います。

この映画が作られた40年ほど前、ブルースリーは経験的に「考えないで感じること」の重要性を見出していました。あくまでも「経験的に」なので、それは、いわゆる経験論にすぎませんでした。

ところが、今や脳科学の発達に伴い、彼が表現したことが、科学的にも正しいことが証明されつつあります。エキスパートがその技能を正しく発揮するには、考えすぎずに、適度に感じているときが理想であることがわかりつつあるのです。

じゃあ、「考えないで、感じている」とは、どんな状態なのでしょうか?

ブルース・リーは「五感を研ぎ澄ますんだ」と言っていますが、どうすればそんなことができるのでしょうか?どんなメンタルトレーニングが可能でしょうか?

私は、脳波・心拍・脳血流といったバイオフィードバック訓練が有効だと考えています。

バイオフィードバック訓練とは、専門装置とセンサーを活用して、心拍や脳波、脳血流、八寛などを測定して、リアルタイムでその状態をモニタリングできるようにしながら行うトレーニングのことです。

心拍も、脳波も、脳血流も、科学的研究から、パフォーマンスのために望ましい状態がわかっていますが、その状態に入るには、どんなに考えてもダメで、意識や感覚の微調整でしか、実現できないからです。

やってみればわかりますが、本当に「五感を研ぎ澄ます」感じです。しかも、上手くできるかどうかは、その日の体調や気分によっても、大きく変わります。ですから、繰り返しの練習が必要になるのですが、そのためにも、こういった生理指標を「見える化」することが大切です。

eeg02

 

 

 

 

 

 

 

「けん玉達人の脳、素人の脳からわかるゾーン中の脳状態とは?」でも書きましたが、ゾーン中の脳の活動状態は特定されています。

あなたもバイオフィードバックでゾーン脳を鍛えてみませんか?ただ、少し時間を費用がかかります。

 

 

 

自分を変える第一歩

石井塾オンラインへの登録で、塾長書籍「ここ一番に強い自分は科学的に作り出せる!」を一冊丸ごとPDFダウンロードできます。他にも、入塾相談の特別割引、動画講座やzoomセミナーの案内などの特典があります。

オンライン登録