• ショートパットで手が動かなくなる
  • ダウンスイングに入ると、体が嫌がって勝手に止めてしまう
  • ごまかしながらやっているが、長年イップスを克服できないでいる
  • 自分のゴルフが崩れてしまい、成績も低迷している
  • 公式戦になると、頭が真っ白になってしまう
  • プロテスト・QTになると極端に力を発揮できない

ここでいうイップスとは「特定の場面でだけ、体が固まったり、おかしな動きをする」症状のことです。

イップスは症状が深刻であればあるほど、様々な原因が複雑に組み合わさっているケースが多く、何か一つの対処法・メンタルトレーニングで克服できるケースは極まれです。石井塾では、複雑に絡み合った原因を分析し、その一つ一つに対処するためのメンタルスキルを磨きながら、少しずつ着実な克服を目指します。

イップスの克服が得意分野かというと、正直、語弊がありますが、暗示や催眠、精神論や経験論に頼らず、イップスの原因を究明し、科学的な裏付けを参考にしながら、時間をかければ効果が見込めるメンタルトレーニング方法を指導しています。

ゴルフのイップスを前提に話を進めていきますが、ゴルフ以外の競技や技能におけるイップス症状でも、基本的な考えは同じなので、参考になるかと思います

ゴルフイップスの原因 3つの主要タイプ

イップスの本当の原因とその対処法は、いまだ分かっていません。恐らく、これからもしばらくは解明されることはないかと思います。なぜなら、典型的なイップスである「特定の場面でだけ、体が固まったり、おかしな動きをする」という症状は、恐らく複数の原因が絡まって起こっていて、イップスを訴えるゴルファーによって原因は異なると考えられるからです。石井塾では、イップスが起こる原因タイプで主要なものは次であると考えています。

  1. 委縮の条件反射型(トラウマ型)
  2. マイナスの自己暗示型
  3. メンタルモデルの神経不全型

1. 委縮の条件反射型(トラウマ型)

イップスの原因として、ここ10数年でよく知られるようになったのが、脳の奥のほうにある「へんとう体」の働きを理由とする説です。へんとう体は、過去に起きた恐怖を覚えておくための部位で、簡単にいえば「恐怖記憶」を司っています。へんとう体は、過去の恐怖刺激を感知すると、無意識に瞬間的に体がストレス反応を起こします。いわゆるトラウマというのは、このへんとう体にある「恐怖記憶」のことなのです。例えば、右に池があるホールでは、いつもダウンスイングで体が止まって引っかけてしまったり、逆に体が開きすぎて、結局池ポチャしてしまうというのも、軽度のイップスであり、トラウマといえるのです。この原因は、ダウンスイングの瞬間に、筋肉の一部がストレス反応のひとつとして硬直してしまうからです。

イップスを訴えるアベレージゴルファーのほとんどは、このトラウマ型が最大の要因と思われます。

2. マイナスの自己暗示型

「あなたの体は岩のように固くなる!」といわれて、2つの椅子の間に棒のように横たわるような催眠術ショーを見たことがありませんか?ほとんどの場合、それはやらせではなく、本当に催眠にかかっているのです。私たちの脳は、どうも、こういった暗示や催眠にかかるようになっており、ちょっとにわかには信じられないようなことを起こります。レモンは甘い、と催眠をかけられた人は、つばを出すことなく、「甘くてメロンみたい」と、そのレモンを食べることができるのです。「自分の手はパットのときに動かない」と強く暗示をかけていると、本当に動かなくなっても全く不思議ではありません。

このような自己暗示型のイップスの人には、暗示催眠系、スピリチュアル系のメンタルトレーニング・セラピーはひとつの選択肢です。実際、イップス治療でネットで知られている某セラピストは、暗示催眠系のメソッドを使っています。「無意識に働きかける」というような表現を使うセラピストは、このタイプです。即効性のある方法であり、いとも簡単に克服できてしまうこともあります。また手技や電気治療でイップスが短期間で治ると謳うセラピーもたまに見かけますが、それもほとんどの場合、暗示催眠が主効果と考えて良いでしょう。

私の分析では、トラウマ型と自己暗示型のハイブリッドが、一番一般的だと思われます。しかし、へんとう体に刻み込まれた恐怖記憶といたものは、催眠では、一時的に症状を弱くしても、恒久的な変化を起こさないことや、トラウマ・PTSD治療において、暗示催眠が最も効果があるとは考えられていないことからも、暗示催眠の効果は一時的なものであり、大切なことは、その効果が残っているうちに、次にどのようなステップを取るかであるのでしょう。

3. メンタルモデルの神経不全型

イップスの原因が、上記の2つだけであれば、原因解明はそれほど複雑にはなりません。3つの目のメンタルモデルの神経不全型が、本当に厄介なのです。

よく、本当のイップスは上級者にしか起こらないといいます。その理由として、専門家の間でメンタルモデルとよばれる「瞬時に判断し、複雑な行動を制御するための一連の脳内イメージ」が関わっているからではないかという説があります。メンタルモデルは繰り返しの訓練によってできあがるものであり、初級者にはそのようなメンタルモデルが強固にできていないので、これが原因でイップスは起こりません。プロや上級者は、パッティングの際に、距離やライ、傾斜などのグリーンの状況などを瞬時に判断し、望ましいパッティングができるメンタルモデルがあり、そのメンタルモデルが、次に行う、その複雑な運動を自動的に制御するのです。しかし、なんらかの理由で、このメンタルモデルの一部が欠損し、その制御ができなくなります。ほぼ自動的にできたことがスムーズにできなくなるのです。

パターを長尺に変えたり、グリップを変えることで、イップスがなくなるのは、この欠損したメンタルイメージを使わないで済むからと考えられます。これこそがイップスは上級者にしか起こらないといわれる所以です。打ち方を変えたり、グリップを変えたりすることで、イップスが克服できたという報告を聞くことがあるのは、このメンタルモデルが再構成されるからではないかと考えられます。

こういったメンタルモデルが確立されている上級者の特徴として、やろうと思ったことが「違った!」というときに、瞬間的にその動きを修正する能力が備わっています。例えば、ダウンスイングに入ったときに、「ひっかけそうだ!」と感じると、瞬間的に右手を離したりするといった動作です。このような瞬間、脳の中では「エラー関連電位」という特殊な脳波が出ていて、そのエラー動作がもたらすマイナスを緩和させる動きを行うのです。こういったエラーを修正する運動神経も、上級者特有のメンタルモデルの一要素であり、イップスやジストニア患者には、このエラー関連電位が過剰に出ているという研究成果もあります。

ゴルフイップスとジストニアの相違点

イップスに似たような症状として、演奏家などが抱える「ジストニア」という症状があります。イップスと異なるのは、ジストニアを抱えるピアニストは、イップスのように緊張感のある場面でだけ、指が動かなくなるのではなく、ほとんどの場面で指が動かなくなるということです。例えば、プロのピアニストが、ドレミファソと滑らかにリズム良く鍵盤をたたくだけの、ピアノ初心者でもできる指の動きができなくなるのですが、コンサートでの本番だけでなく、自宅の練習室ででも起こります。ここが一般的なイップスとは異なりますが、ジストニアの研究は進んでいて、その原因は、脳内で運動神経の接続が混線してしまっているからと考えられており、メンタルモデルの欠損とは考えられていません。ただ、この「混線」という考え方は、メンタルモデルの欠損にもつながっているのではないか?というのが私の考えです。

というのも、そもそもなぜジストニアになるのか?という問いに対して、ある説得力のある考え方は、人間の脳は、ひとつの精密動作を繰り返し行うように設計されておらず、精密動作を繰り返すことで、逆にその配線が混線してしまうのではないか?というものです。ですから、こういった原因で起こるジストニアを「反復性イップス」と呼ぶ人もいます。ただ、精密動作を繰り返すだけで、必ずジストニアになるわけではなく、やはりそこにはストレス要因があるものと思います。実際に、ジストニアになる演奏家や、本当のイップスにゴルファーはそういう経験を必ず持っています。

ジストニアの治療法は、近年になって確立されてきています。簡単にいえば、非常にゆっくりなテンポから、そのできなくなった動きを丁寧に繰り返すことにあります。そして、徐々にペースを上げていくという方法が、効果も学術的にしっかりと確認されています。ただ、イップスの場合、練習ではできるので、この練習法は直接的には参考になりません。しかし、どちらも運動制御の神経不全であり、「少しずつ丁寧にできることを増やしていく」というアプローチは、脳の基本構造から考えて、理にかなっており、イップス克服に向けても参考になるかと思います。

ゴルフイップスを深刻化させる問題行動

イップス症状を抱えてしまったゴルファー(プロや上級者)の中には、イップスを克服した先輩プロの教えなどから、「強い気持ちで乗り切る」という対処法を選択することが少なくありません。軽度のイップスの場合、それで乗り越えられることもあるのも確かですが(自己暗示が上手くいったケース)、反対にマイナスの自己暗示をかけてしまい、さらに症状を深めてしまうことも少なくありません。

例えば、ドライバーイップスを抱えている人が、コース上でイップスを連発した後に、練習場に直行し、ストレートな球を何発も打ち、「練習場では打てるんだよ!」ということを繰り返していくと、知らず知らずのうちに「練習場では打てるのに、コースでは打てない」というマイナスの自己暗示や思考を強化し、イップスをより複雑にします。

また、「今日は絶対に気持ちで負けない。どんなことがあっても自分を信じて、思いきりボールをヒットする」と誓ってティーグラウンドに立つものの、結果はチーピンとなると、「もう絶対に上手くいかない」などと、同じくマイナスの自己暗示や否定思考を強化します。長くイップスを抱えているゴルファーの場合、こういった様々なことを繰り返しているので、症状がより深刻で、複雑になっているのです。

ゴルフイップスを克服するために重要なこと

イップスは複雑な原因が絡まって脳に刻まれており、何かひとつのきっかけで解消することは稀で、本来は、少しずつ症状を緩和することで克服していくものです。そのプロセスは一定の時間がかかるものであり、一時的に改善していると思えていても、突然悪化したり、再発したりすることも頻繁にあります。そういったときにも、自分の感情をコントロールするスキルや知識をしっかりと持っておくことが大事なのです。また、そのようなときに、信頼できる専門家のサポートやアドバイスも大切になります。

「今やっていることが正しい」「方向性は間違っていない」

長くイップスに苦しんでいる人であればあるほど、このように考え続けるのは決して簡単ではありませんが、浮き沈みがあったとしても、地道に続けることが、結果的に克服へとつながるのです。しかしこれは、ゴルフの上達にも同じことが言えるのかもしれません。

もうひとつ大事なことは、まずは基礎を固めながら、少しずつステップを重ねていくことです。私が考える基礎というのは、気分や感情をコントロールするためのリラクゼーションスキルです。具体的に呼吸法、瞑想、イメージ法です。軽度のイップスやトラウマであれば、これだけで改善していくことがあります。

ところが多くの場合、こういった基礎に取り組むことなく、本で読んだ知識や、克服した人からのアドバイスといった「応用」に手を出してしまいます。経験不足のカウンセラーやコーチも同じ過ちを起こしがちです。こういったアドバイスは、それ自体は間違いではないのですが、気分や感情のコントロールといった基礎ができていないと、上手くできなかったときに、それまでの成果を感情的に台無しにしてしまい、次のステップにつなげることができなかったり、一時的に再発したことで諦めてしまったりするものです。石井塾では、この基礎を短期集中コースでしっかりと取り組んでいきます。ここまでやるの?というくらい、まずは呼吸法をしっかりと学習します。

そのうえで、イップスを改善、克服するために必要な「計画→実行→確認」(いわゆるPDCサイクル)を作り上げて、回していくのです。ここでは書ききれませんが、トラウマ型やメンタルモデル不全型にも効果があると考えられているメソッドを、いくつか試していきます。そして、それを実際のコースで実行し、効果を確認し、継続して行うかどうかを決めていきます。こういったサイクルを作り上げるのです。

石井塾では、過去10年以上にわたり、主にトラウマ型の問題を抱える、様々な人々をメンタルトレーニング指導してきました。主にあがり症やパニックです。人前で話すことへの恐怖、特定の上司に対しての恐怖、本番での演奏に対しての恐怖、飛行機に乗ることへの恐怖など。これらのトラウマ型の恐怖症も、症状が深刻であればあるほど、回復に時間はかかりますが、PDCサイクルを作り上げた人のほとんどが、それを改善、克服できています。

フローゴルフでイップス克服を目指そう

石井塾には、これまでも多くのイップスを抱えるゴルファーが入塾しましたが、受講上の問題として、多くのゴルファーや研修生は、都内にある石井塾まで定期的に来て、メンタルトレーニングやサポートを受けることが難しいという制約がありました。イップスの克服には時間がかかるのに、都内まで定期的に出てくるのは、多くのプロ及び研修生には、経済的にも時間的にも厳しいのが実情でした。

また、イップスが起きたとき、タイミングよく適切に対処するのが理想ですが、セッション間隔が空いてしまうことで、適切なアドバイスや指導をするタイミングを逃してしまい、せっかく改善機会を逸失してしまうという制約がありました。石井塾では、このような理由から、あまり積極的にイップス症状を抱えるゴルファーの受け入れはしていませんでした。ある程度は長く続けないと結果は出しにくいのに、前述のとおり、長く続けるのが難しいからです。

しかし、今年(2018年)から「石井塾ゴルフ定例会」を開催することによって、千葉や関東近郊のゴルフ場でプレーしながら、もしくはプレー前後に塾長のサポートやセッションが受けられる環境ができました。また、塾長と付き合いが長く、塾長の考えを理解しているプロやほかの塾生とのラウンドや会話をとおして、間接的な支援も受けられます。これによって、これまで受け入れが難しかったイップス症状を抱えるゴルファーの受け入れが可能になりました。

なお、ゴルフ定例会は、イップスを克服するためのものではありません。フローゴルフを目指すものです。フローゴルフとは、ゴルフへの向き合い方を、自分への挑戦として位置づけ、日々努力し、そのプロセスで起こる最高の集中状態「フロー」の体験を目指す姿勢です。そんなフローゴルフを目指す仲間とゴルフをしながら、イップスを克服し、本来のゴルフを取り戻して、さらに上を目指しませんか?

この長い文章を読んで、イップス克服の可能性を感じた方は、石井塾のゴルファー向け「フローゴルフ」コースへの入塾を検討ください。まずは有料のお試し入塾相談からとなりますが、お試し相談では、詳しい話をお伺いして、3つの原因のどれが強いかどうかなどを判断したうえで、改善可能性を探ります。

塾長もフローゴルフを目指して鍛錬中!


石井塾の得意分野