ジュニア(中高生)のメントレ事例 コーチとの人間関係からスランプに

某地方の名門中学に通っていたN君は、ある演技系の競技でオリンピックを目指し、小学校低学年から、全国から選手が集まる有名コーチのもとで頑張っていました。しかし、結果を残すことができなかった国際大会のあと、コーチのN君に対する態度が厳しくなったそうです。あまり練習も見てくれず、非常に厳しい口調で指導するように感じたことから、練習においてもパフォーマンスが悪化し、これまでできた演技すらまともにできなくなってきました。母親が見ていても、コーチの態度があまりにも厳しかったことから、所属クラブを変えることも検討しましたが、その地方でコーチを変えるということは、ほぼ練習環境がなくなることから、それもできないでいました。そのときに母親からもらった相談メールがこれです。


息子は今年、○○を目指して取り組んできましたが、怪我や故障が多く、今までできた技ができなくなったり、気持ちのコントロールができずイライラしている状態が長く続いたりとモチベーションを維持するのが難しい様子です。コーチとの関係も難しく、辛辣な言葉を毎日シャワーのように浴び、唇を噛み締めながら泣くのを耐えた結果、全国大会直前にイップスのような状態になり、ある技が全くできなくなった時期もありました。息子自身変わらなければならないところがたくさんあると思いますので、集中を切らさない。人の言葉に振り回されない。今では十分な練習もできていませんが、もう一度練習通りの演技が試合でできると自信を回復することを目標にトレーニングできればと思います。3ヶ月後に全中を控えており、例年ここで成績を残した選手が、半年後のジュニア派遣選考会に召集されていますので、時間はあまりありませんが全力で演技できるようご指導をお願いしたいと思います。お願いできますでしょうか。


この状況というのは、親子にとって本当に何をしてよいかわからない、途方に暮れるような状況だったのでしょう。このメールを受け取ったときに、この有名コーチについてちょっと検索してみました。すると、ネット上にはかなりの人格者的な記事がたくさんあり、いったい本当はどちらなんだろうか?と思った記憶があります。しかし、お試し相談で詳しく話を伺ったところ、この選手が非常に典型的な「ストレスの悪循環」を起こしていることがわかったので、有名コーチの本当の正体がわからないリスクはあるものの、もとの精神状態に戻す自信はかなりあったので、そのように伝えました。

結論からいえば、呼吸を中心としたメンタルトレーニングを毎日定期的に行うことで、日々、練習中にをうまく自分をコントロールできないイライラが解消していき、少しずつ自分を取り戻していきました。そして、できなくなっていた技もできるようになってきたところで、コーチの態度も変わってきたそうです。以前のように、ときに熱心に教えてくれるようになったのです。当たり前ですが、こういったコーチは選手の意欲低下を簡単に見抜きます。やる気の見せない選手に、はっぱをかけるために厳しく対応したのでしょうが、ただでさえ上手くいかない選手の精神状況では(真剣に息子のことを思っている母親にとっても)、コーチが本当にひどい人のように見えてしまったのも仕方がないことです。

こういった状況のなかで、ただポジティブに考えよう、相手の良いところを探そう、といったところで、なかなか本人には届きません(経験不足のメンタルコーチはやりがちですが)。溜まったストレスを少しずつ消化しながら、日々、自分の変化について客観的に気付けるようになることが大切です。元々お互いに性格に問題があるのでなければ、日々のストレスをコントロールすれば、本来の自分を取り戻せることはかなり予測てきました。そして、2ヶ月の短期集中コースで、ほぼ最初の問題は改善し、コースを継続して迎えた3ヶ月後の全中(全国中学選手権)や、その後に派遣を勝ち取った国際大会でも、自分の力を発揮できるようになっていました。

本当にどうすれば良いかわからない状況だったのでしょうが、経験ある専門家に相談することで、考えているよりも簡単に解決することはよくあることです。とにかくまず相談してみてください。また、できるだけ早く相談することが、早く解決する近道です。


全国レベルのジュニアは、与えられた課題に真剣に取り組む姿勢を持ち、また、長年染みついた考え方の癖などが少ないので、どんなスランプに陥っていたとしても、石井塾のメンタルトレーニングの効果が出やすいというのが、これまでの指導経験から感じています。ジュニア(中高生)のお申し込みの際には、必ず下記の注意点を、事前によく読んでからお願いします。下記ページからのお申し込みには特典があります。希望者全員のお試し相談、入塾を約束するものではないことをご確認ください。

ジュニア(中高生)のお申し込みの注意点

 

関連記事

  1. スポーツのひとりごとアーカイブ

  2. イメージトレーニングで東京六大学野球選手が公式戦初ヒット

  3. プロ野球選手がメンタルトレーニングを始めた理由

  4. メンタルトレーニング体験談(ショートトラック・女子日本代表)

  5. 3場所連続の勝ち越しで、自己最高位へ!

  6. 東京芸術大学(美校)受験生は、どうメンタル面の準備をしたのか?