ゴルフ

こんなに練習しているのに結果が出ない…アマチュアゴルファーのメンタル改善事例

コロナ禍の6月に入塾したアラフォーのOさんは、30半ばからゴルフにどはまりした男性医師です。

ほぼ毎日練習しているのに、90を切ることができないことや、後から遊びでゴルフを始めた知人にも負けてしまうことに、焦りといらいらが酷く、もう自己流では改善は難しい、プロのメンタルトレーニングを受けようと、石井塾の門を叩きました。

Oさんの入塾時の相談詳細メールは次のとおりです。医師だけに、とても的確な自己分析もできているので、その全文を紹介します。似たようなことに悩む、多くのアマチュアゴルファーの参考になると思います。

現在ゴルフを趣味に行っております。ゴルフのレッスンはマンツーマンで週に4-5回、ラウンドは週1-2回程度の頻度で行っております。

毎週ラウンド前には、前ラウンドでのミスとなった原因を克服し次回ラウンドに臨みますが、ラウンドが始まると、アドレスに入った瞬間から違和感を感じたり、いままでの失敗体験のイメージが強すぎ、それを恐れ、力み、身体が止まるなどします

実際のコースでの動画とレッスンや練習中での自身のスイング動画をみると別人のようなスイングをしていることに愕然とします。

他人との比較はくだらないことを理解しても、つい、「自分はこんなにもゴルフに情熱を注ぎ、お金も時間も費やしているのに、適当にやっている同伴者よりもなぜスコアが悪いのか、なぜ失敗ばかりするのか」「なんで自分はラウンドに出て、こんなに練習してるのに、フェアウェイからも初心者みたいなミスをしてしまうんだろう」など自己否定をしていまいます。

もちろんプロゴルファーですら1ラウンドで納得ができるショットができるのは数回であり、その中でもスコアを出して纏めてくるのがゴルフであると理解もしています。アマチュアである自分が毎回毎回練習通りの良いボールが出せるなんてありえないから、ミスをしてもそこは許容して切り替えなければならないということも頭では理解しているつもりです。しかしいざコースでそのような状況になると自分に対する怒り、失望が先行し引きずってしまうのが現状です。

なぜ、こんなに練習して、それなりの効果がだせないのか。継続して見ていただいてるコーチからも70-80台を出せるスイングは持っているのにとも言われています。同伴者からもこのスイングでベストが90って意外ですね等ともいわれます。

もちろん、技術面でのさらなる習得すべきことはまだまだたくさんあります。ですが、技術面と同じように、ラウンド中の考え方や自身の心理的マネージメントが全くできていないことも最近では痛感しています。

tee shotやsecond third shotでも構えづらいアングルで、「ここなんか嫌だな、こうなったらどうしよう、またあのミスをするんじゃないか」、アプローチでも「またシャンクするのかな、オーバーして次にもっと難しいライからのアプローチを残しちゃうかな」など常にターゲット意識より自分のスイングに気を取られ、結果想像していたミスを繰り返しスコアもでなくなります。自分がスコアをだせない理由としてショットに対する自信のなさもあるますが、心理的思考にも問題があると感じています。

そこで安定した結果をだせるようになるにはメンタルトレーニングが必要ではないかと考え、ご相談させていただきました。近い将来、クラブ競技会などに出場し結果をだせるようになりたいです。

このメールを拝見しただけで、私にはOさんの問題がほぼ理解できたので、入塾相談を経て、正式な入塾申し込みを受けたあとに、次のようなメールをしています。

Oさん

正式申し込みをありがとうございました。それでは来週火曜日から始めましょう。

先日お話しした通り、イップスではなく、いくつかの理由で委縮の悪循環が起きていますので、それをひとつずつ取り除いていけば、今の状態からは抜け出せると思います。

かなりストイックな性格のようですので、メンタルもストイックにやってもらえれば、さらに改善時間は早いと思います。

そして、ゴルフの場合、そこからが本当の勝負になります。

石井

そして結論からいえば、2か月の短期集中コース受講中に、3回連続して80台を叩き出し、気持ちよく卒塾されました。その時に頂いたメールがこれです。

集中コースを受講していますOと申します。

まずはご報告ですが、先週軽井沢72で2ラウンド、昨日カレドニアンにてラウンドしましたが、3回とも80台のスコアを達成することが出来ました。お勧め頂いた「フローゴルフへの道」も熟読して様々な考え方も学ぶことが出来ました。有難うございました。

短い間でしたがお世話になり有難うございました。また壁にぶつかり、お世話になる事がありましたらその際は宜しくお願い致します。

軽井沢72はともかく、難コースのカレドニアンクラブ(しかも青ティー)での80台はかなり立派です。ほんの2か月前までベストスコアが91の人とは考えられません。

これまでの努力が実って本当に良かったと思います。私が入塾時のメールで書いたとおりになりました。でもこれで卒塾はちょっともったいないです。なぜなら、ゴルフが面白く、そして難しいのはこれからで、そのため改善策もあったのですから!

Oさんと似たような悩みを抱え、本来の実力、スコアを出せない課題を抱えるゴルファーは、ぜひまず相談ください。詳しく状況をメールしてくれれば、何が問題となっているかがわかります。

改善にどれだけの時間がかかるかは、今の症状がどれだけ複雑になっているかが大きいのですが、最後はあなただどれだけ真面目にメンタルトレーニングに取り組むかで決まります。Oさんのように真面目過ぎて悪循環を起こしているなら、改善は早いです

こちらの経営者のように、もう少し複雑になっていると、少し時間がかかりますが、それでも半年では改善しています。

5下シングルなのに、スタートホールで必ず大叩きする経営者のゴルフ回復事例3年ほど前から真剣にゴルフに取り組み始めた経営者Y氏。ジュニア時代にあるスポーツで全国トップにいたこともあり、比較的短期間でシングルの仲...

早くメンタルトレーニングに取り組んで、そしてゴルフを楽しめるようになりましょう!一人で悩んでいる時間がもったいないですよ。

入塾相談の申込

 

 

自分を変える第一歩

石井塾オンラインへの登録で、塾長書籍「ここ一番に強い自分は科学的に作り出せる!」を一冊丸ごとPDFダウンロードできます。他にも、入塾相談の特別割引、動画講座やzoomセミナーの案内などの特典があります。

オンライン登録