昨日の柔道世界選手権2014で、石井塾OGの宇高選手が、見事金メダルを獲得しました。

29歳・宇高が初優勝 世界柔道(スポーツ報知)

彼女にとって、29歳での、初の世界選手権制覇。女子柔道では、かなりの遅咲きです。


 

年齢的には最後のチャンスと考えていたロンドン五輪の前年(2011年)の選考大会で、力を出せずに敗退。強化指定から外れ、年齢的にも引退を考えなければならない、柔道人生、かなりの崖っぷちのときに入塾しました

それから3年。復活の金メダルです。いや、過去の自分の最高成績ですから、そのあとも成長をしていたんだと思います。

大舞台となると、過緊張で力を発揮できない、練習でできることができなくなる、負けたらどうしようという不安が払しょくできない。

全日本の優勝経験があっても、結果が伴わなければ、こんな状態に追い込まれます。普段、自分を追い込んでいるほどなおさらです。

そんなメンタルになってしまったとしても、諦めず、自分の力を発揮するための「技術」を、地道に鍛えることによって、頂点に返り咲ける。

そんなことを証明してくれたと思います。

本当におめでとう!

2012年全日本体重別での復活優勝の時の報告写真



 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に