リオ最終予選優勝!出場枠を獲得!そして・・・

今月上旬、インドのニューデリーで行われた射撃のリオ最終予選において、塾生の石原選手(女子クレー射撃/スキート)が優勝し、この種目の日本の五輪出場枠を獲得しました。

この種目での日本の出場枠獲得は初めてで、これはかなり快挙といえます。
>> クレー射撃の石原(古峯神社)、初の五輪へ前進 アジア予選1位、国出場枠獲得(下野新聞オンライン) ※外部リンク

CapD20160210_7また、国際大会では、石原選手はまだまだ無名の存在で、韓国・中国・タイの、W杯やアジア大会で実績ある強豪選手を撃破しての、「アジア初優勝→たった1つの出場枠獲得」というのも、大きな驚きであり、大活躍です。

石原選手が石井塾の門を叩いたのは2013年の夏。その時点では、国際大会でメダルを取ったこともありませんでした。

入塾後の2014年のアジア選手権で、初めて銅メダルを獲得し、ワールドカップでも10位に入るなどの活躍はありましたが、2015年は体調不良もあり、成績は低迷していました。
>> 塾生の結果速報20140615

本人曰く、やっと2015年の終わりに体調は万全になり、迎えたリオ五輪最終予選で、それまでのうっぷんを晴らす、最高の成績を残すことができたのです。

もちろん、本人の努力が全てなのですが、報告メールの中で、一緒にやってきたイメージトレーニングや、集中力トレーニングの効果からか、試合中はまったく順位やスコアが気にならず、いつの間にか試合が終わっていたという体験ができたそうなので、私も少しは貢献できたのかな?と思います。

実際、石原さんとは、五郎丸選手や琴奨菊関で話題になったものより、何倍も精密なルーティンを一緒に作っていました。なぜなら、射撃のような種目では、このルーティンが本当に大事だからです。そして、そのルーティンをしている自分もイメージするのです。集中力も、ただ集中するふりをするのではなく、心拍や脳血流をバイオフィードバックして、正しく習得しました。

アジア最終予選の優勝=リオ出場ではなく、今月20日の理事会で実際の出場選手が決まるそうです。あとは静かに本決定を待ちたいと思います。

いずれせによ、石原さん、本当におめでとう!!!今年はこれからが本当の勝負です!

CapD20160210_4

CapD20160210_6

関連記事

  1. 経営者コースの塾生たち

  2. 祝!グーグル検索1位

  3. あと一打の意味

  4. 塾生の結果速報20140423

  5. 塾生の結果速報20120917

  6. 塾生の年齢・性別・目的別データ