書痙を克服したサラリーマン

Nさんは、外資系一流企業に勤める30代のエリートサラリーマンです。

そんなNさんですが、実は、学生時代から15年近く、人前で書くときに手が震えてしまう「書痙(しょけい)」という症状に悩んでいました。

GUM01_PH04003Nさんの顧客は大企業がほとんどで、顧客訪問の際には、必ず受付があり、自分の名前と訪問先を、受付票に記入することが求められます。

その際、受付スタッフの目の前で名前を書くときに、ひどく手が震えてしまうのです。

また、残業をして、オフィスビルからの退館時に、守衛室で、退館者名簿に名前の記入を求められときにも、それは頻繁に起こります

このような状態では仕事にならないので、Nさんは、社会人になってから、医療機関を受診し、書痙を抑える薬の処方をしてもらっていました。

薬の効果で、受付で全く手が動かなくなることはなくなりましたが、それでも、記名が求められる顧客訪問が予定に控えているだけで、その数日前から気分は憂鬱になりました。

また、できる限り、記名が必要な顧客への訪問を避けるようになっていきました

事情を知らない、先輩や上司からみると、それは非合理的な行動に見えるようで、時々、そのような行動を咎められ、言い訳に四苦八苦することもありました。

Nさんが入塾したきっかけは、かかりつけの病院の医師から、書痙の改善にバイオフィードバックを勧められたからでした。

そこでネット検索したところ、大森にある某病院がヒットして、まずはそこを訪問してみましたが、診療時間が平日昼間のみで、スケジュール的に定期的に通えそうもないということで諦め、その流れで、土曜日や平日夜に通える石井塾を見つけて、やってきたのです。

GUM01_PH04039結果からいえば、それが大正解でした。

これまで毎週2回は服用していた薬は、入塾後4カ月で、たった1回だけの服用になりました。その1回も、期末で残業が重なり、心身ともに疲労していたことから、念のために服用したものでした。

それ以外は、少し字が汚くなりつつも、薬なしでも会社訪問ができるようになりました。

とはいえ、現在、受付で記名するさいに、全く震えないとか、不安や恐怖が湧かないということではありません。やはり、その都度、感情的には少し動揺してしまうそうです。

また、海外出張のさいに、ひどく手が震えてことがありましたが、そのときは、しばらく呼吸法で落ち着かせながら、時間を稼いで、しのぎました。

しかし、それでも、これまでのように、受付のある顧客訪問が決まった数日前から、不安が強くなってしまって、仕事や生活に没頭できないということはほぼなくなりました。

10年以上、ずっと薬を飲んでいたことを考えると、大きな改善といえるでしょう。

書痙の原因は、いくつかあると考えられるのですが、Nさんの場合は、かなり純粋なあがり症、心理トラウマ反応だったというのが、短期間で大きく改善した最大の理由でしょう。

書痙や、イップスについての考察は、別ブログ『塾長の脳の探求』で取り上げていますので、興味のある方はご覧ください。

関連記事

  1. H社長のビリヤード

  2. 柔道のメンタル

  3. あがり症は病気なのか?

  4. 元塾生の男子プロとプライベートラウンド

  5. 人前で書くときに手が震える症状とは

  6. 地方在住の塾生たちのデータ