OGの芸大生に描いてもらった肖像画

2015年10月から、受験のメンタル対策で石井塾でメンタルトレーニングを受けて、2016年3月に、見事、東京芸術大学美術学部に合格したKさんに、私の肖像画を描いてもらいました。それがこれ。

20160804

受験前、最後のセッションが終わったときに、実は軽い気持ちで、「合格したときにはお願いね」と話していたものでしたが、きちんと約束を守ってくれました。

私としては、1時間くらいで描ける、スケッチ程度の自画像を想定していたのですが、Kさんにとっては、かなり久しぶりの人物画らしく、少し苦戦していて、あっという間に2時間半が経過しました。

CapD_154

この日、ランチを取りながら、後日談なんかを話しましたが、Kさん、実は滑り止めのT美術大学を準備不足で落ちてしまい、もし東京芸大に落ちていたら、もう1ランクしたの美大に行くことになっていたそうです。

ブログにも書きましたが、お父さんが石井塾を見つけ、迷いなくKさんに紹介し、Kさんも素直に受講したことが、結果として、家族で大喜びの結果につながりました。
>> 芸大合格 父親からの感謝メール20160404

正直、私は絵ごころがないので(汗)、これがどのくらい上手いのかわかりませんが、見る人が見ると、構図なりタッチなりが、違うのでしょうね。

ブログ上の写真なので、細かいところのタッチがわかりにくいかもしれませんが、本当に細かく書いてくれました。Kさんありがとう!

そして、この絵が将来高く売れるように、ぜひ有名作家になってください(笑)。

というのは冗談で、これをどこに飾るか、現在考え中です。

 

 

 

関連記事

  1. 塾生(プロゴルファー)からの報告20140602

  2. 塾生(音楽家)からのメール20160420

  3. 塾生(プロゴルファー)の結果速報20131007

  4. 本当の秀才はどこが違うのか?

  5. 8年ぶりの全国大会へ

  6. ネットの体験談や口コミはどこまで信頼できるか?