バイオフィードバック訓練で効果を「見える化」する

バイオフィードバック訓練は、石井塾が理想とする「考えないで、感じる」を可能にするメンタルトレーニングです。

バイオフィードバックとは、心拍数・筋緊張・脳波などの「生体指標」を専用センサーからパソコンに読み取り、リアルタイムで本人にフィードバックすることによって、自分の心と体の状態を正しく理解し、望ましい方向に修正することを可能にするメンタルトレーニングです。

例えば、大事な場面で緊張しすぎたり、考え過ぎてしまう人は、

  • 肩に力が入る
  • 汗をかく
  • 心拍数が高くなる
  • アルファ波が少なくなり、ベータ波が増える

といった身体変化が起こります。

バイオフィードバック訓練では、専用機器で、こういった身体変化を測定し、その数値やグラフをモニターなどに表示します。選手は、その数値を正常に戻すことで、緊張を正しくコントロールする方法を学ぶのです。

メンタルトレーニングの効果を「見える化」させることができるので、呼吸法やイメージトレーニングを継続するモチベーションにもなります。

実際、石井塾に入塾した全ての人が、基礎トレーニングとしてレゾナンス呼吸を学びますが、全員が携帯型のバイオフィードバックツールを貸与され、それを活用して毎日トレーニングをすることを推奨されます

このツールを使えば、呼吸法やイメージが上手くできているかわかるので、ついサボってしまいがちになる毎日のトレーニングを継続することができます。

バイオフィードバックの種類と方法

石井塾では、現在、次の5種類のバイオフィードバック訓練を行えます。

● 心拍数(HR)
● 心拍変動(HRV)
● 筋緊張(EMG)
● 脳血流(HEG)
● 脳波(EEG)

これらの生理指標を測定することで、呼吸・集中・イメージなどのメンタル能力が、本当に高まっているのか、さらには、どれだけ高まっているのかを確認することができます。

バイオフィードバック訓練は、海外では広く普及しており、海外の先進的なメンタルコーチのあいだでは、積極的に導入されていますが、心理教育が遅れている日本では、まだまだ認知されていません。

ただし、現実問題として、脳波や脳血流のバイオフィードバックトレーニングは、より深い集中力、より繊細なイメージ力を高める上で有効なツールではあるのですが、一定の成果を感じるまで時間がかかることが多く、費用対効果を考えたときに、なかなか全員に強く勧められないところが短所です。

石井塾では、より精度の高い集中力トレーニングを希望される人にだけ、バイオフィードバック訓練を提案しています。

 

脳波のバイオフィードバック。望ましい脳波になると、パックマンが動き出す!

バイオフィードバック訓練で実現できることと、その問題点

バイオフィードバック訓練を上手く活用すると、次のような目的を達成できます。

学習・受験
  • 集中力アップ
  • 受験のあがりのコントロール
  • 気分と感情の安定
仕事・ビジネス
  • ストレス軽減や気分転換
  • 対人コミュニケーションの円滑化
  • 創造的アイデアの発揮
スポーツ・演奏
  • 集中力やイメージ力のアップ
  • 本番に強いメンタル育成
  • ピークパフォーマンス(ゾーン体験)
人間関係
  • 対人不安・対人恐怖の緩和や克服
  • 視線恐怖、赤面症、あがり症の改善
  • 他者理解、共感力のアップ

しかし、注意が必要なのは、バイオフィードバック訓練の効果は万能ではなく、必ずしも、全てが同時に達成できるものではないということ。むしろ、詳細なヒアリングから計画を立てて、どのように訓練するかが非常に大事です。

実際、1970年代、日本でも海外でも、脳波をアルファ波にすることで、「夢が実現する」「なりたい自分になれる」というようなバイオフィードバック効果が大きく喧伝され、一時期、一世を風靡しました。

その風潮はすぐに廃れましたが、これは正しい知識やトレーニングに基づくことなく、その効果だけが大げさに注目されてしまったからです。この結果として、海外でもバイオフィードバックの普及が20年位遅れたといわれています。

しかし、今では、多くの研究者・臨床家による努力によって、正しい脳波の理解が進み、医療で、心理で、スポーツの現場で、バイオフィードバックが再び使われ始めています。