メンタルトレーニング個人指導 石井塾 FX・株式トレーダー向けコース

ゾーントレードを体験するためのメンタルトレーニング

誰でも、思ったとおりに相場が動き、連戦連勝となったことがあると思います。

しかし、思ったとおりに相場が動いたとしても、それがゾーンであるとは限りません。単なる偶然で、それはカジノや競馬でも起こりうることです。

ゾーンとは本来、潜在能力が本能的に発揮される状態を言います。

その意味では、連戦連勝がゾーンということではなく、いつもだったら見逃してしまう小さなシグナルに気づき、躊躇なくポジションをクローズして、損失を最小限に止めたり、いつもだったら手法どおりにエントリーするトレードを、なんとなく嫌な直感が働いたのを信じて、エントリーしないといったことこそ、本来の意味でのゾーンなのです。

近年、こういった「潜在能力=直感」に関する研究は非常に進んでいて、脳科学的にも「最後は直感を信じるほうがうまくいく」という結果が出ています。

ここでいう〝直感〟というのは、カジノへ行ってルーレットで「白か黒か」を当てるのに、「黒だ!」と閃いた、というようなものとは違います。それは単なる「当てずっぽ」です。

そうではなく、経験や訓練を重ねた上で、「理由ははっきりわからないけれど、たぶんこの判断が正しいだろうな」という感覚です。

そういった「直感」にアクセスできるようになることも、ゾーンの大きな特徴であり、条件でもあるのです。

 

 

関連記事




ページ上部に