塾長の石井です。このメール講座では、本番で力を発揮するためのメンタル面での準備について書きたいと思います。

私はこれまで多くのアスリート、演奏家、ダンサー、受験生、ビジネスマンたちに、試合やコンクール、プレゼンやオーディションといった本番で、本来の力を発揮できるためのメンタル指導を行ってきました。そして、結果を出してきました。

しかし、これまで関わった方のほとんどが、競技や楽器、プレゼンなどの準備や練習に多大な時間と労力をかけている割に、「本番で力を発揮するための準備」には、あまり時間をかけていないという事実を知りました。それはプロアスリートや東京芸術大学を卒業した音楽家ですら、そうなのです。「とにかく一生懸命に練習する」=本番対策という考えなのでしょう。そもそも持てる力を発揮する方法というものは、学校では教えてくれません。メンタル面に関しては、監督やコーチ、教師は、「一生懸命練習しなさい。練習で自信がつけば上手くいく」というアドバイスがほとんどです。それで上手くいくこともあります。

しかし、私は、ここ一番で「より高確率で」「より本来に近い力」を発揮するには、「しかるべき準備」が必要であり、メンタルトレーニングで鍛えるべくスキルなのだということを強調して、塾生に指導してきました。具体的には次の3つのスキルです。

  • 呼吸法
  • ルーティン
  • イメージトレーニング

これらはスキルなので、一度身につければ、簡単に失うことはないし、またトレーニング次第で少しずつスキルを高めることができます。

石井塾に来られる方の多くは、あがり症・過緊張・トラウマに悩まれていた選手や演奏家が多いのも事実ですが、そもそも「本番への準備」ができていなかったために、徐々にあがり・パニックがひどくなっていた方も少なくありません。全員が全員、子供の頃からのあがり症ではないのです。

ですから、あがり症の方以外にも、このメール講座はお役に立てると思います。

なお、本番に向けて行うメンタルトレーニング、及びその準備は、本番がどれだけ重要かにもよると思います。年に一度の大会であれば、それに向けての準備も相当です。であれば、メンタル面の準備も相当になります。反面、継続的に本番がある場合には、それほどメンタル面の準備にも時間はかけられません。

また、あなたの技能レベル、その本番(コンクール・オーディション・プレゼン)にどれだけ勝ちたいかによっても違うと思いますので、わかりやすく、その準備レベルは「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4レベルにわけて、お話ししたいと思います。

興味をもたれた方は、ぜひ下記のフォームからお申し込みください。登録は無料です。

登録フォーム

お名前
メールアドレス
年齢
都道府県
本番(競技・種目・技能・仕事・受験etc)の種類