こんにちは。昨年、演技系競技で平常心コースを受講させていただきました○○の父でございます。

娘がメンタルトレーニング平常心コースを受講して早くも1年が立ちました。ちょうど1年前、全国大会で緊張しすぎで大失敗したことが、石井塾受講のきっかけでした。

親としては、人前での演技時に少しでも緊張度合いが下がってくれればいいな程度の気持ちでしたし、娘本人も、今まで何をやっても改善しなかった緊張がすぐにとけることは無いだろう。ちょっとでも改善できればよいとの気持ちで入塾したことを思い出します。

その後も、受講前と比べるとメンタルコントロール面で大きな進歩があり、競技において崩れることが少なくなり、昨年より掲げていた目標を達成できましたので、ご報告させていただきます。

先月、ブロック予選大会がありました 全国大会への進出がかかった大事な大会でした。前回の大会から6か月以上間隔が開いていたので、どうなるんだろうと心配していましたが、緊張することなく演技できていました。

呼吸法とイメージトレーニングで、緊張のコントロールだけではなく、気持ちの持ち方も少し変わってきたのでしょう。予選を勝ち抜 いた強豪ぞろいの中、自分のいつもの演技をすることだけに集中しようと思って演技に入ったとのことでした。

本人も、見ていた私も、納得出来る演技でした。昨年までガチガチで演技していたのが嘘のようでした。そして結果もついてきました。全国大会への推薦枠に入れていただくことができたのです。

そしていよいよ全国大会です。石井塾にお世話になるきっかけとなった大会です。昨年、極度の緊張で何が何だかわからないまま演技し、大失敗し、惨憺たる結果となった大会です。

本人の受けたショックは大変なものだったと思いますし、本人ほどではないにしろ、私も今でもその時のことははっきり思い出されるくらいのショックを受けたことを思い出します。石井塾の教えを受けて1年越しの再チャレンジです。

やはり昨年のショックは大きかったようです。演技前の練習時に、昨年の失敗がふいにフラッシュバックし、怖くなり涙が止まらなくなるという事態に陥ったとのことでした。しかし、呼吸法などでし少し落ち着いてから演技に入れたということでした。

そして演技開始。出だしこそ硬さはあったものの盛り返し、十分満足のいく演技ができたともうしておりました。

そして今回の大会において 本人が立てた目標を達成することができました。昨年の雪辱を果たすことに成功しました。世界大会への出場権も獲得できたのです。

本大会のように、全日本での順位が決まる、世界選抜が決まる、チームから世界大会に行くこと期待されているといった、この競技をする上で最大級のプレッシャーがかかる大会は 石井塾を受講後、初めてでしたのでどこまで本物になっているか、凄く不安がありましたが、心配はいらなかったようです。

これで昨年のトラウマから抜け出してほしいと願うばかりです。

入塾して得られたものは大きなものでした。それがなければ、今の状況には絶対ならなかったと実感しています。私の勝手な想像ですが、これ(呼吸法とイメージによる集中そして演技に入るまでのルーティンワーク)をやっておけば緊張しない!という安心感ができたのではないかなと思います。

まだまだイメージトレーニングと体の動きが一致しないとか、積極的に攻める演技ができないとか、課題は山積みですが、石井塾で受けたトレーニングの基本を忘れず継続して取り組みさせたいと思います。

それでも、人前で安定して演技が行えるようになり世界選抜に再び選ばれたことは 本人にとっても、親にとっても、所属団体にとっても非常にうれしいですし、ホッとしています。

昨年の絶望の淵から救い上げていただいた石井塾に感謝とお礼を申し上げます。

また何かの機会に変化がみられましたらご連絡させていただこうと思います

娘の父より