音楽家(声楽)

本番を終えての報告メール

石井先生

本番を終えてきました。

結果から言うと、1人で歌うステージは良い緊張感の中、うまくいったように思いますが、数人で歌う曲の途中にあるソロの部分は難しかったこともあり、緊張で体の筋肉が今ひとつ思うように行かず、私としては合格ラインまで行きませんでした。かと言って破綻はしていません(笑)

しかしながら、3月の時点では、人のステージを見るだけで震えが来て、「私はステージに立つことは2度とできない」と思っていたことを考えると、本当に良くここまで復活出来たなと感謝の気持ちで一杯です。

緞帳が上がる前、ずっと目を閉じてオープンフォーカスをして、始まってからは他の人が演奏しているのを聞いてシータ波を抑えるように頑張ってみました。呼吸もやりました。お陰様で、パニックになることなく、逃げたくなることもなく、今の私にとっては奇跡のようだと思います!!

たくさん課題が見えて来て、やはりあとは体幹を鍛えなければと思うので、これからトレーナーについて体も鍛え直します。

早く、新しい仕事に頭を移さないと。。。と焦ってますが、本来ならすごく不安になるのでしょうが、石井先生とメンタルトレーニングし始めてから、「なんとかなるや」と思えるようになったのも大きな特徴のひとつです(笑)

それから、この一週間チックが治まり、昨日は本当にワクワクした気持ちで本番を迎えられたのです。これも、本当に驚くべきことでした!!取り急ぎご報告でした。ひとまず、今日がひとつの大きな目標で、無事に舞台に立てたこと、本当に嬉しかったです。

ここまで導いて頂き本当にありがとうございました!!これからもよろしくお願い致します!