年末年始はメンタルトレーニング申し込みが多い理由

多くの人にとって、年末年始はゆっくり過ごしながら、新年の抱負や考えたり、目標を見直したり、新しく始めてみたいことを考えたりと、どんな一年になるかの期待や思いをめぐらす良い機会だったと思います。

反面、失敗を引きずって、悪い流れで年末を迎えてしまった人、とりわけ人生をかけて、何かに打ち込んでいるようなプロフェッショナルやその予備軍にとっては、そのまま落ちていきそうな嫌な思いに引きつられて、何か自分を変えることができないか、この悪い流れを断ち切ることはできないかと、もんもんとひとりで考えて過ごしたり、ネットを模索して過ごしていた人も、少なからずはいたのかと思います。

実際、この年末、ホームページからのメンタルトレーニングの新規申し込みが、26日、28日、30日、31日にそれぞれ1件ありました。31日の申し込みは、なんと夜の11時半のメール着信。本業を持ちながらも、クラシック音楽をやっている女性でした。恐らく、普段は忙しく、時間の取れる31日の夜、色々とネット検索して、メンタルトレーニング石井塾のウェブサイトにたどり着き、色々と読んで、申込フォームの文章を書いているうちに、そんな時間になったのだと思います。

30日21時の申し込みもミュージカルを目指している女性でした。二人とも、本番やオーディションで力を発揮したい、こんな自分を変えたい!という相談です。

まだこのお二人には会っていませんが、恐らく、2018年のお正月は、あまりおめでたくは過ごせなかったところもあったと思います。でも、今年こそ良い年にしたいという気持ちが強いのでしょう。1年間、地道にメンタルトレーニングを続ければ、多くのあがり症の場合、実感できるレベルで変化は起きます。抱えている症状にもよりますが、早ければ1-2か月で起きますが、起きなかったからといって諦めない我慢強さや、試行錯誤は必要です。それさえ乗り切れば、来年2019年のお正月は、きっとゆっくりと過ごせるようになっているはずです。

その意味では、年始は、良い1年にするために、メンタルトレーニングを始めるきっかけとなる良い時期なのかもしれません。実際、過去を振り返っても、12月-1月の入塾者は多いのです(面白いことに4月・9月は少ない)、タイミング次第では受けられないこともありますので、本気の人は早めに申し込んでください。

関連記事

  1. 東京五輪を目指すアスリートは、メンタルトレーニングを始める時期が来てい…

  2. その道のプロは知っている。ラウンドレッスンで気づいたこと

  3. 東京芸術大学(美術)に合格したOGに描いてもらった私の肖像画

  4. ここ一番の本

  5. 石井塾の原点 自分の強みを思い出させてくれた出来事

  6. ネットの体験談や口コミはどこまで信頼できるか?