書痙を克服したプログラマー

Sさんは30代後半のプログラマー。顧客企業に常駐し、システムの管理や監視を行っています。

Sさんの悩みは、作業日報や管理簿といった書類に、自分の名前を記入するときに、手がひどく震えてしまうことでした。

汚い字でも、なんとか書けることがほとんどでしたが、ひどいときには、手が固まってしまうので、なんらかの理由をつけて、あとで提出するようにしていました。

初めての書痙は、大学4年生の時でした。

GUM01_PH04004とにかく、書類へのサインがダメで、プライベートでは、例えば、銀行や宅配などでの記入は全く問題ありません。

心療内科を受診し、薬を処方してもらったこともありますが、薬に頼ろうにも、書類へのサインは、突然依頼されることが多く、なかなか上手く使えないというジレンマもありました。

もともとあがり症であったSさんは、2年ほど前に、悩みを克服できるとする自己啓発CDを購入し、それをほぼ毎晩30分ほど、半年以上、聴いていたそうです。

そのCDの効果からか、あがり症は自分でもかなり克服できたそうなのですが、最後まで、書痙の症状だけは消えず、このまま嫌な思いを引きづりたくないとのことで、インターネットでたまたま見つけた石井塾の門を叩きました。

以前、このブログで取り上げた下記の例も参考になったそうです。

書痙を克服したサラリーマン

結論からいえば、5-6週間で、ほぼ書痙の症状はなくなり、気持ちよく卒塾されました。

前述の通り、Sさんは、毎晩CDを30分聴くなど、とても地道なことができる人で、呼吸法もとてもまじめに取り組みました。

また、イメージ力が、もとからかなりあったほうなので(石井塾には客観的にイメージ力がわかるノウハウがあります)、書痙が起こる場面で、効果的にイメージを使うことで、短期間で、心身をかなり上手にコントロールできるようになりました

Sさんのケースは、少し出来すぎの部分があります。というのも、多くの場合、イメージ力がない人が多く、イメージ力をつけるためのイメージトレーニングに時間がかかるからです。

ですから、誰もがこんなに簡単に改善するわけではないことは、ご理解ください。

いずれにせよ、大学時代から抱えていた書痙が、こんなにすぐに改善したことに、驚き、喜んでいました。

ただ、自己啓発CDで、半年で、克服できたあがり症は、もっと早く改善したと思います。

 

関連記事

  1. あとひと踏ん張りはどこから生まれるか?

  2. 初のプロ野球塾生、誕生

  3. ある写真家が撮った塾生の写真

  4. イメージ+ルーティンのチカラ

  5. ある塾生の3か月での変化

  6. 草野球選手が、1年後の大会に向けてメンタルトレーニング。その結末は?