石井塾では、確実に集中力を鍛える方法として、3年ほど前から、脳血流トレーニング(HEGトレ)を導入しています。

HEGトレでは、額に装着するセンサーバンドから、前頭前野の血流を測定します。



前頭前野は、脳の指令塔と呼ばれ、思考や注意のコントロールをすることで知られています。

つまり、この部分の血流が増加するということは、注意集中が持続しているという、非常に客観的な証拠となるのです。

でも本当に前頭前野の血流なんてコントロールできるの?という疑問もあるかと思いますが、それができるのです。

これこそバイオフィードバック訓練の「肝」なのですが、多くの人が、実際に、このトレーニングを始めてみると、2-3分でコツをつかみ、血流を増加させられるようになります。

もちろん、全然できない人もいますが。。。

そして、限界まで血流を増加するトレーニングを繰り返すことで、普段の、そして大事な場面での血流レベルが増加し、それに伴い集中力が向上すると考えられるのです。

それは筋トレと全く一緒です。

筋トレすることによって、筋繊維が破れ、それを補修する形で、筋肉は肥大し、筋パワーも増加します。

同じように、正しく脳血流トレーニングをすることで、前頭前野が受け取れる血流が増え、集中を持続したり、必要な時に集中することができるようになるのです。

ただし、このトレーニングで鍛えることができる集中力は、いわゆる「作業集中」と呼ばれるもので、それはゾーンやフローの集中とは異なります

ゴルファーが大事なショットを打つ直前に、この集中状態に入ることは、必ずしも望ましくないのです。

しかし、本番で力を発揮するうえで必要な「あること」をするのに、この集中力トレーニングが高い効果を発揮します。

それが何であるかは、塾生のほぼ全員が知っていますが、ここでは公開しません。

いずれにせよ、集中力を正しく理解して、正しい集中力トレーニングを重ね、能力を鍛えていく中で、この脳血流トレーニングは、アスリートや演奏家、パフォーマーなどには必要不可欠と考えています。

さらには、使い方次第で、経営者やビジネスマン、受験生、さらには注意欠陥(ADD/ADHD)を抱える子供たちなどにとっても、とても有用なトレーニング方法になります。

そのあたりについては、また後日書きたいと思います。

<
コメント一覧
トラックバック一覧
  • […] 今週のNHKのバラエティ番組「ためしてガッテン」は、<認知症&受験に勝つ!脳フル回転する昔遊び>という特集でした。 その前半で、昔遊びとして、最近、愛好家が増えている「けん玉」をしているときの脳の活動状態を、研究者が測定しているシーンがありました。 達人がけん玉をしているとき、脳の中でも、思考や集中をコントロールする、いわゆる前頭前野では、血流が増えていたでしょうか?それとも減っていたでしょうか? 番組のパネリストの多くが、予想を裏切られていましたが、達人がけん玉をしているとき、前頭前野の血流は減っていたのです。 反面、素人では、血流は増加していました。 そして、番組では、達人のけん玉中に、前頭前野の血流が減っている状態の脳を、<集中(ゾーン)脳>と呼び、素人の前頭前野の血流が増加している時の脳を<活性脳>と呼んでいました。 先日、当ブログ『正しい集中力の鍛え方』で、前頭前野を使った集中は<作業集中>であり、ゾーンやフローの集中とは違うと書いたことを、別の形で説明しています。 はたから見ると、二人とも、同じように、集中してけん玉をしているのですが、実は、脳は違う働きをしていることがよくわかる番組だったと思います。 ただし、達人も、ある状況下では、前頭前野が活性します。 再放送は、11月5日(水)16時05分からあるようですので、興味がある方は、録画してご覧になってください。 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20141029.html NHKオンデマンドでは、いつでも見られるようです(有料)。 正直、後半は、かなり無理がある番組構成だったような気がします・・・。タイトルから離れて、飛ぶ紙飛行機の作り方、になっていました。 ためしてガッテンは、最近こういったのが多いですね。 うつや認知症予防として、昔遊びはいいかもしれません。 ただ、もともと高いレベルにいて、さらに自分のパフォーマンスを少しでも高めたいという人にとって、昔遊びが、どれだけ役に立つのか?いうのが、正直な感想です。 目新しいことをやれば、確かに脳は一時的に活性化しますが、それは一時的に過ぎないので。 […]


    2014年10月30日 8:30 PM | けん玉達人の脳、素人の脳 - 塾長の活動ブログ|メンタルトレーニング個人指導 石井塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に