先週も、好天気のなか、塾生やOBが出場していた様々なスポーツイベントが開催されていました。

まずは男子プロボウリングの遠藤誠プロ。レギュラーツアー公式戦、千葉オープンにおいて、自己最高の6位の成績を残しました。

また、自身初となる、公式戦でのパーフェクトゲームも達成しました。

遠藤プロ、これまで4年連続でシード権を確保してきましたが、今年は、様々な悪条件が重なり、これまで思った成績が残せておらず、ポイントランキングも100位くらいの低迷していましたが、この6位入賞で、来年のシード権を、一気に手繰り寄せました。

男子プロボウリングでは、5年連続でシード権を確保すると、永久A級ライセンスが認定され、ユニフォームに縫い付けるプロボウリング協会(JPBA)のワッペンが、金縁の特別なものとなります

CapD20141019

 

JPBA公式サイトから

遠藤プロとは、プロデビューした年からの付き合いで、もうかれこれ7年になります。

石井塾で、現在もっとも長く定期的に通っている塾生です。今は東海地区在住なので、月に1度のスカイプセッションを続けています。

プロボウラーは、決して生活的には楽ではなく、深夜まで営業しているボウリング場での長時間労働での身体疲労のなか、練習時間を自分で確保しなければなりません。、競技と仕事のバランスが難しいのです。

正直、これまで色々ありましたし、これからも色々とあると思いますが、5年連続シードでの永久A級ライセンスの取得が、ひとつの区切りになるでしょう。

次は、女子ゴルフの久保田プロ。石井塾OGです。

今は女子プロゴルフのシニア(44歳以上)が出場できる「レジェンズツアー」に参加していますが、先週、福島の五浦庭園CCで開催されたアリナミンカップにおいて、2位タイとなりました。

彼女も公式戦自己最高の成績です。

獲得できた賞金もさることながら、最終日のバックナインで3連続バーディーを決めるなど、長い間、プロとしてやってきて、本当に納得のいくゴルフができた瞬間でもあり、本当に満足していることと思います

久保田プロは、もう数年前に卒業しましたが、今でもメール交換をしたり、(関西在住ですが)お互いが出張のときなどに、ゴルフのレッスンをしてもらったり、たまに食事などをしています。

先日も、大会で千葉に来ていた時に、宿舎の近くで一緒に食事をしてきました。

とにかく人柄がいいので、所属のゴルフクラブでのラウンドレッスンは、いつも予約でいっぱいだそうです。

二人とも、石井塾の初期の頃の塾生であり、まだまだ私自身の経験不足の時に、色々と勉強させてもらった大切なクライアントが、今も結果をしっかりと出し続けていることを、大変うれしく思います

PAP_0013

<以前、一緒にコースの視察に行った時の写真>



大事な本番で緊張するあなたに石井塾
平常心

本番に弱いあなたに必要なのは平常心です。大事な場面でも平常心でいることができれば、過度にあがることなく、本当の力を発揮することができます。
石井塾の「平常心」コースでは、一般社会人や学生を対象として、あがり症を克服するだけでなく、本物の平常心を身につけるための具体的トレーニング方法を指導します。

03-6459-4975

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に