9月に入り、秋のスポーツシーズンが始まりました。

この3連休でも、新旧塾生の多くが出場した数多くのスポーツイベントがありましたが、その中でも、私が注目していたの競技のひとつが、実業団の明治安田生命のボート部員である高橋君が出場する全日本ボート選手権でした。

その高橋君、全日本ボート選手権の中でも、最も注目を浴びる8人乗りのエイト競技において、見事優勝しました。

私もテレビ観戦していましたが、途中で追い上げて、逃げきるという、素晴らしいレース展開でした。

明治安田生命ボート部は、これまでも何度も全日本タイトルを取っている名門チームですが、高橋君にとっては初の戴冠です。

高橋君は、入塾もう3年目になろうとしています。2年前のこの大会直前に、突然メンバーから外された悔しい体験を一緒にしました。今年は、それらを乗り越えての優勝です。

優勝インタビューで大きくEテレに映った高橋君の写真がこちら。後日、詳しい優勝報告をしてもらいます。本当におめでとう!



残念だったのは、射撃の世界選手権(グラナダ・スペイン)に出場していた石原さん(クレー射撃)。

この大会でメダルを取れば、なんとリオ五輪出場確定の一番乗りになれる大会でしたが、予選敗退で終わりました。

6月のワールドカップで、自己最高順位を記録し、勢いを持って臨みましたが、五輪出場権がかかった年1回の世界選手権は、そんなに甘くはありません。

それでも、石原さんにはすぐ次に、アジア大会(仁川)が待っています。

そして、来年5月から始まるワールドカップシリーズで上位に食い込めば、リオ五輪が見えてきます。

気持ちを仕切り直して、まずはアジア大会でのメダル報告をして欲しいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に