将棋のメンタルトレーニング 女流名人への挑戦権

昨年夏からメンタルトレーニング石井塾に通っている女流棋士(将棋)が、先日、女流名人というタイトルへの「挑戦権」を初めて獲得しました。女流名人は、女流棋界においては、伝統のあるタイトルです。

今回は、このタイトルへの「挑戦権」を獲得しただけですが、これが実に難しい、貴重な権利なのです。将棋の世界では、男性で8つ、女性で6つのタイトル、例えば「名人」「王将」「棋聖」などのタイトル獲得に向けて、ほぼ1年かけて予選を行います。

その予選の形式は、リーグであったり、トーナメントであったりするのですが、予選を勝ち抜いたひとりの棋士だけが、現タイトルホルダーとの「5番勝負・7番勝負」などを戦い、それに勝ったものが、新タイトルホルダーとなります。

面白いのは、一度、タイトルホルダーになると、翌年は予選を戦う必要がなく、予選を勝ち抜いたもの棋士との勝負だけに勝てば、2年連続のタイトルホルダーとなれるのです。その意味で、タイトル挑戦権を獲得するというのは、とても大変なことで、かつ大きなチャンスなのです。

彼女とは、次の3つのことをテーマにして、メンタルトレーニング・コーチング指導を行ってきました。

1)対局前に、平常心でいられるようになること

2)対局中の難しい場面でも平常心を保てること

3)そして、連敗してしまっても、それを引きずらずらないようにすること

女流名人のタイトル挑戦権をかけた最終戦の前にも、実は別の対局で公式戦3連敗をしてしまっていて、流れはあまり良くなかったのですが、それを引きづることなく、大きなチャンスをモノにしました。

石井塾でメンタルトレーニングを始める前は、対局前に、したこともなかった呼吸法やイメージトレーニングをしっかりとこなしたところ、思いのほか平常心でいられたそうです。

現・女流名人との5番勝負は、201*年1月下旬から、全国の会場で行われます。

直近のセッションでは、連勝しようが、連敗しようが、どんな流れになっても、いつも平常心で、「今・ここ」にフォーカスし、「このタイトル戦をとおして、より強い棋士になれた」と実感できる戦いをすることを最大のテーマとして、話し合いを行いました。

勝負は時の運。

あと1か月強。タイトル戦が近づくにつれ、周りが騒がしくなることが予想されますが、平常心でできる限りの準備をしてほしいと思います。

関連記事

  1. あがり症のパフォーマーはミュージカルのオーディションにどう準備したのか…

  2. 一線で活躍するプロクラシック演奏家の入塾理由とその後

  3. メンタルトレーニングであがり症を克服したフリーアナウンサーからの手紙2…

  4. イメージ+ルーティンのチカラ

  5. 職場の人間関係を克服し、今は世界を駆け巡るバリキャリOGからのエアメー…

  6. サーブイップスの卓球マスターズ選手が8年ぶりの全国大会へ