ほとんど全てのスポーツ競技において、動作の再現性を高めることが、その競技力向上に直結します。

とりわけ、ゴルフ、射撃、アーチェリー、ビリヤードといった競技においては、それが競技成績を決めるといっても過言ではありません。

再現性を高めるために、競技者は、日々、厳しい練習を重ねています。基本は繰り返すことであり、繰り返しによって、再現性は高まります。

しかし、近年、脳研究によって、再現性を高める(再現性を阻害する)要因が、かなりわかってきています。

しかも、ひとつやふたつではなく、たくさんです。たくさんありすぎて、一気には書ききれないほどです。

そのひとつ、「側頭葉のアルファ波の役割」について、ゴルフを例にとって、塾長の脳の探究ブログでまとめてみましたので、興味のある方はご覧ください。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に