プロゴルファーが入塾3日後の試合で久しぶりの予選通過!紹介者に感謝!

8月の月曜日に、塾生の経営者の紹介で、男子プロゴルファーが入塾されました。今年のシードを保有し、過去に複数の優勝経験のある実力者です。ただ、近年は怪我などの条件が重なって、あまり結果を残せておらず、また今年も予選落ちが続いていました。

プロゴルフの試合は、日曜日に終わるので、シーズン中は、月曜日だけが休息日かつ移動日です。その月曜日に、石井塾にひとりでお試し入塾相談にやってこられました。

そして、3日後に迎えた入塾後一発目のトーナメントで、久しぶりに予選通過を果たしました!!!

しばらく予選落ちが続いたので、プロもほっとしていました。というのも、プロゴルフの試合は、予選を通らないとお金をもらえないし、翌年の出場権に直結する賞金ランキングが上がらないからです。紹介者も、すぐに結果が出たので喜んでくれました。ただ、予選は通ったものの(予選を通って賞金が出る)、本来の力はこんなものではないので、これから少しずつ「考えないで感じる」ことで、本来の実力を発揮できるように戻して、残りの試合で来年のシードを確保し、年末に紹介者と一緒に、みなで美味しいお酒を飲めるように頑張ってほしいです。

数年前にも、シードを持つ女子プロが、月曜日にお試し入塾して、その週末の大会でシーズンベストを更新したことがありました。試合への出場権を持っていても、連続して予選落ちが続くと、本当にこたえます。でも、対応を間違えなければ、意外とすぐに復活することはよくあるものです。それはなかなか自分では気づかないものなので、家族や関係者が、冷静に本当に良いものを見つけて、動いてあげて欲しいと思います。

 

 

関連記事

  1. 塾生(経営者)からの報告20130309

  2. 言葉を使わず、イメージで修正する

  3. 芸大合格 父親からの感謝メール20160404

  4. 塾生(プロゴルファー)の結果速報20131101

  5. 顔面多汗症の会社員

  6. あと一打の意味