なぜ1軍にあがると、150キロの球が投げられなくなるのか?

プロ野球のメンタルトレーニングに関しての興味深い記事を見つけました。
なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?

この記事には、野球投手には、高校野球やプロの2軍では150キロの球が投げられるのに、1軍にあがると、それが突然できなくなることがあり、その理由として、「1軍選手が相手だと、打たれる怖さが生まれるから」ということをあげていました。もしくは、2軍で投球フォームをしっかり作り上げて、準備万端で1軍に昇格したのに、実際にマウンドに立つと、全く別人になってしまい、周りからみると「2軍にいたときと全くフォームが違う」と指摘されてしまうことがあるようです。

しかしこれは、ある意味、当たり前のことで、例えば、プロゴルファーにとっては、練習ラウンドでドライバーショットを打つのと、本番の大ギャラリーの前で、ドライバーショットを打つのが全く違うのと同じことです。

前にも書いたかもしれませんが、ある動作(150キロの球を投げる、300ヤードを真っすぐ飛ばす)を再現するには、その動作を実現する神経回路があることが必要不可欠ですが、それだけでは不十分です。

というのも、脳は、それを学習した背景(環境)にも大きく影響を受けてしまうので、学習した環境以外の要因(ストレス原因)があると、練習と同じパフォーマンスをすることができなくなるのです。

それでは、1軍を相手に150キロの球を投げられるようになるには、いったいどうすれば良いのでしょうか?この記事の著者は、「まずは150を追い求めてとことんやる」とまとめていますが、それではちょっと乱暴な気がします。

私は、このような状況でこそ、イメージトレーニング(メンタルリハーサルが生きてくると思います。150キロを投げる投球フォームを作りながら、1軍での実戦投球もあわせてイメージしていくというやり方です。

これはあくまで推察ですが、2軍で150キロの球を投げられるようになって、それを1軍の試合でもすぐに実践できる投手は、2軍のときに、自然とそういったイメージをしているのではないかと思います。ただ速い球を投げられるようになるのではなく、ただ遠くに球を飛ばせるようになるのではなく、本番の状況をどれだけリアルにイメージしていくか、これが大事なのです。

プロ野球選手のメンタルトレーニングはとても効果的だと思うのに、まだまだ取り組んでいる選手は少ないようです。こういったことを地道に続ければ、本当に小さい力の差のなかで競争を勝ち抜く力になるはずなのに、気合いや気持ちが足りないから、という理由でがむしゃらに頑張ってしまい、肘や肩を壊している選手が後をたたないと感じています。

関連記事

  1. あがり症の改善薬とドーピング規制

  2. フローの考察 あるベストセラー書籍からの抜粋

  3. あがり症は病気なのか?

  4. イメージ+ルーティンのチカラ

  5. あがり症のパフォーマーはミュージカルのオーディションにどう準備したのか…

  6. 前向きな気持ちが強すぎて、本来の力が発揮できない「気負い症」の対処法