地方在住の塾生たちのデータ

前々回のブログでは、現在の塾生数や、属性・目的などを分析してみました。石井塾のメンタルトレーニングは、塾でのマンツーマンが基本なのですが、実は、地方在住の塾生も少なくありません。

特に、最近増えている感じなので、改めて、現在、地方在住の塾生がどのくらいいて、どこから来ているのかをまとめてみました。

その結果をざっくりと近い順にいくと・・・

・ 栃木(宇都宮) 2名
・ 長野(軽井沢) 2名
・ 長野(長野市) 1名
・ 名古屋 2名
・ 新潟(新潟市) 1名
・ 山形(山形市) 2名
・ 大阪 1名
・ 神戸 1名
・ 広島(福山市) 1名

また、今週末に、福井の方が、お試し入塾相談に見えられ、入塾の予定です。

そうすると、合計で14名!

内訳は、アスリートが6名、音楽家が3名、経営者が1名、一般社会人が4名です。または、男性が7名で、女性が7名です。

こう見直してみると多いですね。現在の塾生は52名くらいなので、4人に1人の割合くらいです。

地方在住の人は、問題が解決したらすぐに卒塾してしまうかというと、必ずしもそうではなく、むしろ平均からいえば、入塾期間は長く続くことが多いです。石井塾のメソッドは、地道なトレーニングを求めるので、そういった要求をきちんとこなして、結果を出せた人は、結果的に長く続くということかもしれません。

皆さん、必ずしも毎回上京されるわけではなく、短期集中コースではスカイプセッションを取り入れながら、スケジュール調整をしています。また、希望者には、上京できるときには、枠を2つとって、事務所でしかできないトレーニングを中心にしたりして調整をしています。

ただ、私が個人指導できる人数は限られ、実際に今は限度に近づいているので、今後、私のメソッドを教えられる人を増やしていく必要性を強く感じています。

 

 

関連記事

  1. 塾生(ピアニスト)の声20150821

  2. メンタルトレーニングでプロ初勝利を実現した格闘系女子の体験談

  3. アンサンブルを苦手としていた管楽器奏者からの「音楽を味わうことができた…

  4. 海外現地法人への赴任が決まったK部長の入塾理由

  5. 音楽隊に入団してから過緊張に陥った演奏家からの報告メール

  6. 一線で活躍するプロクラシック演奏家の入塾理由とその後