集中力トレーニングの新記録

石井塾では、集中力の「見える化」メンタルトレーニングの一環として、HEG(脳血流)のバイオフィードバックトレーニング(通称、HEGトレ)を行っています。

HEGトレとは、脳の司令塔ともいえる「前頭前野」の活性度合を、血流量の増加で測定する、とてもシンプルで、確実な方法です。

そのHEGトレで、先日、音楽家(和楽器)のNさんが、見事、「51.2%」の新記録を打ち立てたました。

以前のブログでも紹介しましたが、特定の人と場所でトラウマを作ってしまい、本番で演奏が止まってしまうほど、ひどい緊張に悩み、2012年9月に、石井塾に入塾しました。
http://ishii-juku.jp/2017/voice20130301/

Nさんは、当初、HEGトレが本当に下手でした。それが下記のトレーニング結果です。

ほとんど血流が増加しなかったり、増加したと思ったら、急激に下がったりと、塾生の中でも、コツを掴むまで、時間がかかるほうでした。

そんなNさんが、新記録を作ったのです。

これまで半年ほど破られなかった「44.2%」の記録を打ち破って。

本当に、地道なメンタルトレーニングの賜物であり、私としても、彼女が新記録を作ったことを、大変嬉しく思います

Nさんは、この半年は、10-18%と、かなり安定した数字を残していました。それが、今年1月に、彼女の新記録として、25%を出し、その翌月に51.2%を出したのです。

地道に続けていることで、いつか突然、突破口(break out)が訪れるという好例になりました。

そのNさん、それでは演奏や私生活も絶好調かというと、実はそうでもありません。

彼女を逆恨みした同業者からの攻撃の熾烈化や、長時間の副業の仕事などから、新記録を出した日も、実は心身はかなり疲弊していて、私も、まさか新記録が出るとは思いませんでした。

しかし、HEGトレの効果は、必ず訪れます。

前頭前野という、脳の大事な部位に、血流をしっかり送れるということは、感情制御やイメージトレーニングなど、様々な効果が期待できるからです。

今年の冬には、2回目の海外公演が決まっているそうで、その時に、ぜひ最高のパフォーマンスができるよう、これからも地道なトレーニングを続けてほしいと思います。

そして、ほかの塾生には、この記録を破れるよう、地道に練習してほしいと思います。

関連記事

  1. H社長のビリヤード

  2. 体で覚えるって、どういうこと?

  3. 塾生の結果速報20140423

  4. 本当の秀才はどこが違うのか?

  5. 塾生(パフォーマー)からの報告20140228

  6. 初のJリーガー塾生、誕生