ゴルフのメンタルトレーニング 新コースが始動!

久しぶりにメンタルトレーニングプログラムを新規開設します。それはゴルファー向けの「フローゴルフ」コース

フローとは、究極の集中状態で、努力感なしに、頭と体が思うように動いて、本来の力が最高に発揮される状態です。スポーツでは「ゾーン」という言葉が使われることがあります。石井塾では、ずっと以前から、この「フロー」という、究極の集中状態を目指したメンタルトレーニングを、トップアスリートや音楽家などのプロフェッショナルに指導してきました。その基本は「考えないで、感じること」。多くのアスリートや音楽家がこのフローを体験してくれたと思います。

しかし、このフローは、特別な人だけが体験できるものではなく、基本的には誰でも体験できるものです。フローの研究からわかっていることは、フローは生活や仕事、練習の質と結びついており、日々をどう過ごすかによって、フローは自分で起こす可能性を高めることができるものであるということ。フローは「起こるもの」ではなく、「起こすもの」なのです。

正直、ゴルフはアマチュアレベルではフローが起こりにくいスポーツです。どんなにメンタルトレーニングに熱心に取り組んでも、やはり技能がある程度は伴っていないと、連続してナイスショットを打つことができないからでしょう。しかし、よくよく考えてみると、ナイスショットを連続で打つことだけがフローではありません。それは結果として起こることがあるだけで、もっと大切なのは、スコアにかかわらず、自分に挑戦する気持ちを忘れず、ラウンドを楽しみ、充実した時間を過ごしていると思えることなのです。それもまたフローなのです。

ですから、「フローゴルフ」コースは、ツアープロから、一般ゴルファーまで、全てのゴルファーが対象です。ゴルフをとおして、自分にチャレンジする気持ちがあれば、スコアやHCに関わらず、誰でも入塾できます。

「もっとゴルフが上手くなりたい」「ゴルフのレベルを上げたい」と願うプロ、研修生、上級者だけでなく、「今の生活は順調だけれども、もっと生活を充実させる何かが欲しい」「何か今の生活を変えるきっかけが欲しい」といったアベレージレベル・初心者の経営者や社会人にも、ぜひ入塾して欲しいところです。

フローゴルフを目指し、実践していく中で、意欲やモチベーションといったものが高まり、それはゴルフだけでなく、日々の生活の多くの局面において、良い影響を与えます。フローゴルフで一番大切な「挑戦を楽しむ姿勢」がある限り、日々のメンタルトレーニング・筋トレ・ショット練習はそれほど苦にならなくなるし、ゴルフコースでミスショットをしても「次こそ成功させる!」という気持ちを維持できます。日々、こういった気持ちで過ごせるようになる割合が増えるはずなのです。それは仕事や人間関係などにも必ず良い影響をもたらします。

反対にいえば、フローゴルフを実践し、ラウンド中のフローを目指すには、ゴルフ場で集中しようと強く願うだけではだめだということです。普段の仕事や生活のときにも、チャレンジをして、それを楽しめるようになることが必要なのです。

この新しいメンタルトレーニングプログラムは、私にとっても挑戦です。私自身もフローゴルフを実践し、フローを目指しながら、これまでの経験と専門知識を駆使して、多くのゴルファーと、フローを共有できるようになれればと思っています。

なお、本コースはあくまでゴルファーを対象としていますが、ゴルフ以外のスポーツや演奏、ダンスなどに取り組んでいる一般社会人も、参考になるところは多いと思いますし、将来的にはゴルフに限らないコースを開設したいと考えています。というのも、実際に私が本コース開設にあたりインスパイアされたのは、ゴルフではない何かに取り組んでいる多くの一般社会人の塾生たちの、熱心な取り組み姿勢でしたから。

ゴルファ-向け「フローゴルフ」コースの概要

 

 

関連記事

  1. ラーメン二郎は、なぜはまるのか?

  2. お金で買える学位と経歴 なんちゃって文化勲章と博士とは

  3. 「水からの伝言」から学ぶこと

  4. 年末年始はメンタルトレーニング申し込みが多い理由

  5. お正月のクラシック音楽番組で、ある特定の音域で声が出なくなっていた声楽…

  6. 東京芸術大学(美術)に合格したOGに描いてもらった私の肖像画