6月の新塾生たち

久しぶりのブログ更新になってしまいました。この3-4週間はとても忙しく、新規入塾が続いていました。

面白いことに、毎年3月後半から5月中旬までは、新規入塾は減る傾向にあります。一般的には、英会話にしても、ピアノにしても、何か新しいものを始める季節だとは思うのですが、石井塾は少し反対の傾向があるようです。

FB081_Lしかし、またまた面白い人たちがたくさん入塾してきました。石井塾は、もともと様々な分野のプロフェッショナルが多いのですが、この3-4週間で、それがさらに多様化されました。

今月入塾したプロフェッショナルたちは、

小料理屋の女店主
女医
看護師
演奏家(木管)
ピアノ教師
高校音楽教師
経営者(不動産)
女子プロボウラー
アナウンサー
棋士の卵
自動車メーカーの開発職

石井塾では、呼吸法やイメージといったメンタル技術を、仕事や本番でどのように活用して、本来の力を発揮できるようにするかを教えていますが、やはり何かを究めようとしているプロフェッショナルほど、真剣に課題に取り組みます。

また、石井塾のサイトを見て入塾を希望される人は、精神論ではなく、科学的なアプローチに魅力を感じられている人が多いので、学歴に関わらず、地頭がよく、試行錯誤できるひとが多いのです。

このような多様な塾生、プロフェッショナルへの関わりを通して、私自身は新しいことを学び、楽しみながら、指導ノウハウを蓄積することができています。本当に大事なことは本屋に売っている本には書いていないし、専門家向けセミナーでも学べません。本当にありがたいことです。

もちろん、それを次世代の塾生や、社会にどう還元するか、考えていきたいと思います。

 

 

関連記事

  1. 塾生(音楽家)からの報告20130525

  2. 8年ぶりの全国大会へ

  3. けん玉達人の脳、素人の脳

  4. ある塾生の3か月での変化

  5. 塾生(音楽家)からの報告20140404

  6. 初のプロ野球塾生、誕生