2場所連続の勝ち越しで、自己最高位へ!

今年2月に入塾した若手力士の大波くん。ここ3年近く、幕下の真ん中の番付をいったりきたりしています。

勝ち越しがかかった一番にめっぽう弱いことは、自他ともに認めていて、過去を振り返ると、3勝4敗という成績が、実際非常に多いのです。

CapD_16相撲では、勝ち越しと負け越し、つまり8勝7敗(幕下以下は4勝3敗)と、7勝8敗(3勝4敗)の、たった1勝の差がとても大きいのです。なぜなら、勝ち越せば、必ず番付は上がるのですが、負け越せば、下がるからです。

入塾の理由も、1月場所で、勝ち越しできる可能性のある取組で連敗してしまったことでした。もうこれはプロに頼らなければと、自分でネットを検索してコンタクトしてきました

3月場所までの時間はあまりなかったものの、私の指導に対しての吸収はとてもよく、5回のセッションで、呼吸法、イメージルーティンをひととおり習得し、本場所を迎えました。

結果・・・、2連敗の後の5連勝で、いきなりの勝ち越しを決めてしまいました!!!

幕下の試合は、午後の早い時間にBS放送で観戦できるのですが、試合を重ねるつにつれ、ルーティンが固まり、傍から見ていても余裕を感じました。最初の2連敗には、少し焦りましたが・・・。

続く5月場所でも、4勝3敗と、自己最高位タイからの勝ち越しで、来場所(7月名古屋場所)での自己最高位を確実にしました。

3月場所では、正直、勝ち越しを決めた一番は、危なっかしい勝ち方でした。しかし、5月場所での勝ち越しを決めた一番は、体重差が80キロもある相手に対して、立ち合いでも真っ向からぶつかり、そしてがっぷりよつの不利な状況から、少し揺さぶってから、力で出し投げての会心の勝利でした。

私は録画観戦でしたが、大興奮でした。「ここ一番」で、あんな勝ち方ができたことは、絶対に未来につながるし、一皮むけたといっても過言ではないほどの、素晴らしい相撲でした。後からセッションで振り返ったところ、これはイメージトレーニングとおりになったそうです。

5月場所の最中に、スポーツ新聞から取材を受けた記事が掲載されました。それがこれ。メンタルトレーニングについても少し書かれています。

≫ 幕下・大波、十両昇進で祖父のしこ名「若葉山」復活目指す

とても真面目で、素直な好青年です。しかも、本名が私と同じ「わたる」です。大きなけがをしない限り、これから番付を上げていけると思います。

大相撲では、十両に昇進すると、相撲協会から月給が支給されます。反対に、平幕以下は収入はほとんどない厳しい世界です。

お酒も大好きなみたいなので、わたる君に好きな酒を飲ませてくれるタニマチも募集中です。もうひとりのわたるもついてきますが・・・(笑)。

 

 

 

関連記事

  1. ボクシングのミドル級が熱い!

  2. 塾生(経営者)からの報告20130309

  3. 継続は力なり

  4. 塾生からの手紙20160123

  5. あがり症の克服に向けて大事なこと

  6. 最高のシーズンを終えた次に目指すもの