オリンピックが終わって・・・

今夏のオリンピックは、時差をものともせず、例年よりも盛り上がった感じがありました。

個人的に面白かったのは、女子レスリングの3つの金メダル。

伊調馨さんと吉田沙保里さんの3連覇は見ていて、圧倒的な強さだったし、小原日登美さんの金メダルは、これまで階級制によって泣かされていた中でのものだったので、感動ものでした。

メダル授与で、日の丸が上がったとき、伊調さんと吉田さんのは、『すごいなあ』と思いながら見ていましたが、小原さんのときは、もらい涙が出てしまいました。

男子も金メダルを取りましたし、レスリングは絶好調ともいえる結果に対して、柔道は最悪の結果になりました。

その中でも、唯一の金メダルを取った、女子57キロ級の松本薫選手。

私は、その試合を、予選から決勝戦まで、感慨深く見ていました。

というのも、今年の春、オリンピック代表選考会であった全日本体重別選手権で、石井塾の塾生であった宇高選手が決勝で破っていたからです。

柔道のオリンピック選考は、たったひとつの大会で決めるのではなく、ポイント制など、過去の実績が評価されるので、宇高選手が全日本に勝っても、その前年の不調がたたり、代表に選ばれることはなかったのですが・・・。

でも、宇高選手が、本当の世界一!と、勝手に脳内イメージをしていました。まあ、単なる身内びいきですが・・・。

宇高選手のコメントを石井塾のトップページに掲載しましたので、まだ読んでいない人は、サイトを見てみてください。

http://www.ishii-juku.jp

 

 

関連記事

  1. メンタルトレーナーの進む道

  2. 入塾のきっかけを提供してくれたお店

  3. 答えは自分の中にあるか?

  4. 集中力の低め方

  5. 芸大へのリベンジ成功!

  6. 大食いのメンタル