注射の痛みを緩和する方法

先日、テレビを見ていたら、ある動物病院での診察状況が紹介されていました。

その中で、注射をするときに暴れてしまう犬を大人しくさせるために、注射の直前から、犬の頭をトントンと叩くという方法が紹介され、実際に、大人しく気持ちよさそうに、犬が注射されていました。

考えてみると、これも、石井塾では繰り返し説明している、「意識を他にそらす」やりかたですよね。

これは犬にだけ使えるものではなく、人間にも使われますし、実際にやっているお医者さんも少なくないと思います。

実際、私もこれと似たようなことをされたことがあります。

医者ではなく、歯医者でした。

ちょうどアメリカのロサンゼルスにいたときに通っていた歯医者でしたが、麻酔注射か何かの際に、太ももか腕を、何気なく静かにつねっていました。

そのときも、確かに痛みを感じることが少なく、なかなか賢いなと思った記憶が、この番組を見てよみがえりました。

医者がやってくれなくても、自分でもできますから、注射恐怖がある人は試してみて下さい。

関連記事

  1. あっという間に人生を変えたい、ですか?

  2. なんちゃって文化勲章

  3. フローの考察 あるベストセラー書籍からの抜粋

  4. 前向きな気持ちが強すぎて、本来の力が発揮できない「気負い症」の対処法

  5. あとひと踏ん張りはどこから生まれるか?

  6. 上田桃子の新メンタルコーチ