H社長のビリヤード その3

先週20日、H社長が、某ビリヤード店主催のオープン戦に参加しました。

その結果は、5位タイ!!

といっても、実は参加者は10数名で、抽選の結果、1回戦はシードだったそうで、簡単にいえば、1回戦負けです。

初大会、初試合の相手が、プロともいい試合ができるようなトップアマ。

正直、何もできなかったそうです。

実力差がある場合、そのような展開になってしまうのは、仕方ありません。

というのも、ビリヤードは、ゴルフやボウリングと違って、相手との直接対戦なので、上手な選手は、相手に簡単に球を突かせる配置を残さないからです。

でも、相手がトップアマでも、難しい配置でも、自分の順番が回ってきたときには、どうどうと突けたそうです。

また、この試合で課題が見つかったとのことで、その後も猛練習を続けています。

ビリヤードの実力を測る方法に、ボーラードというのがあります。

これはひとりでできるゲームで、ブレイク後、10個のボールを、順番に関係なく、落としていくのですが(9ボールや10ボールは、通常、ボール番号の順番)、これを先日初めて、1回のミスだけで、すべてのボールを落とせたそうです(これをスペアといいます)。

着実に力をつけているようです。

関連記事

  1. 塾生の年齢・性別・目的別データ

  2. 塾生(音楽家)からの報告20130708

  3. 大企業の重役も会議で緊張している!

  4. リオ最終予選優勝!出場枠を獲得!そして・・・

  5. これが崖っぷちの戦い 世界ランカーか、引退か?

  6. 塾生がNHKドキュメントに出演します!