技術的に上手くなるイメージトレーニング

今週発売の週刊ゴルフダイジェスト(4/25号)に、イメージトレーニングについて取材された記事が掲載されました。

一般的に、ゴルフやスポーツで聞いたことのあるイメージトレーニングというのは、やる気やモチベーションを高めたり、試合前に18ホールを頭の中で事前にプレーしてみることなのですが、今回、編集者の意図は、「技術的に上手くなる」イメージトレーニングだったそうで、ネットであれこれ検索して、私のウェブサイトにたどり着いたそうです。

実は、この「技術的に上手くなる」ためのイメージトレーニングこそ、私が現在、アスリートや音楽家、ダンサーなどに強く推奨しているメンタルトレーニングです。

なぜなら、あがりや過緊張を克服し、本番で力を発揮できるようになったら、結局は、そこにたどり着くからです。

最後はやはり技術がものをいいます。その技術を高めるには何ができるのか?

ゴルフ技能向上につながるイメージトレーニングの方法や効果、科学的背景など。今回は4ページの記事ですが、ライターさんにしっかりとわかりやすくまとめて頂きました。コンビニ・キオスクなどでも置いてありますので、ぜひご覧ください。

また、dマガジンというオンライン雑誌購読サービスに加入すれば、発売してからしばらく経った場合でも、記事を読むことができます。月額500円ちょっととかなりお得なので、私も加入しています。

 

 

関連記事

  1. なぜ1軍にあがると、150キロの球が投げられなくなるのか?

  2. 塾生(芸大ヴァイオリン受験生)からのイメージトレーニング体験報告201…

  3. メンタルトレーニングで東京六大学野球選手が公式戦初ヒット

  4. あがり症のパフォーマーはミュージカルのオーディションにどう準備したのか…

  5. 成功イメージトレーニングは実は逆効果!

  6. イメージ+ルーティンのチカラ