本当の秀才はどこが違うのか?

石井塾に昨年6月から通っている弁護士のBさん。

超難関中高一貫校→東大法学部(現役)→司法試験合格(在学中)という、日本でも有数の秀才、知のエリートです。

しかし、さらに驚いたのが、その働きぶりです。

23歳で弁護士として大手事務所で働き始めてから、10年以上、ほぼ毎日、朝8時に出社し、退社が夜中の2時という生活。週に丸1日休めば良い方で、平均で年間300日以上働いていたそうです。

打ち合わせはあるものの、営業などで出かけることもないので、ずっと分厚い契約書とにらめっこです。

でも、Bさんによると、彼の事務所では、それが当たり前。ほとんどの若手弁護士が、そんな生活をしているとのことでした。

さて、そんなBさんの入塾理由は、職場の「困った上司」の影響で、仕事に思ったように集中できなくなったことがきっかけです。

それまでに比べ、自分の思ったパフォーマンスができなくなったとのことでしたが、私からすると、それでも常人には理解できない仕事量をこなしていました。

Bさんももちろん、当初は、レゾナンス呼吸を習得してもらうところから入りました。

感心させられたのは、Bさんは、月から土まで毎日16時間働きながらも、毎日必ず練習していました。

26時に退社し、26時半に帰宅、シャワーを浴びて、5分レゾナンスをしてから、寝床につく。そして、朝は、事務所に着いてから、5分レゾナンスをする、そんな感じでした。

塾生の中には、忙しいという理由で、トレーニングを休む言い訳をする人もいますが、その気になれば、こんな仕事量をこなしていてもできるものですね。

レゾナンス呼吸を習得したあとも、ほぼ毎週、来塾し、この半年は、脳波のバイオフィードバック訓練を受けています。

Bさんのような秀才も、実は、限られた時間の中で、地道に同じことを繰り返すことで、少しずつ能力を高めていたんだということを、再確認させられました。

メンタルトレーニングの効果か、もしくは、職場が変わったからなのか(まあ正直、こちらの要因も大きいですね)、最近では、集中力も回復し、気持ちよく仕事ができていると報告をくれています。

私としても、Bさんのような秀才が、納得して、石井塾のメンタルトレーニングを受け続けてくれていることをうれしく思います。

しかし、超ド級の秀才が、さらに長時間、10年以上も、難解な法律問題について、脳を使い続けていると、脳はいったい、どうなるのでしょうか

当然、興味がわいてしまいますが、幸運にも、Bさんの脳波を毎週測定することできています。

そこでわかったことは・・・。かなりすさまじい脳波をしているということ。

また少し専門的になりますので、近々、別ブログ「塾長の脳の探究」で、Bさんの脳波を紹介しながら、脳の仕組みを解説したいと思います。

脳を強く、長く使うには、やはり、オンとオフの関係が潜んでいたのです。

関連記事

  1. 石井塾はオンエアならず・・・

  2. 塾生のテレビ出演情報

  3. 石井塾の警察官

  4. 初のプロ野球塾生、誕生

  5. 仕事中に集中力が途切れしまう本当の理由

  6. カーレーサーのメンタル その1