仕事中に集中力が途切れしまう本当の理由

塾生のNさん(30代・男性)は、米国CPA(会計士)の資格を有する外資系企業のサラリーマンです。

s-GUM02_PH03084業務上の要求レベルは、質・量ともに、とても高く、残業も半端ではありません。効率的に、集中的に仕事をこなしていくことが、非常に重要です。

そんなNさんの悩みは、「普段はレベルの高い仕事ができているのに、なぜか急にパフォーマンスが落ちてしまうことがある」というものでした。

そんなNさんの入塾申込時にくれたメールがこれです。

————————————————————————–
(1)現状、長時間続く集中力がありません。長時間物事に打ち込める集中力を付けたい。

(2)職場内で思考が深くできません。どのような環境でも考える力を発揮したい。

(3)文面では自己表現できるもののFace-to-Faceになるとうまく説明できません。コミュニケーションの手段を問わず自身の考 えを伝えられるようになりたい。
————————————————————————–

正直なところ、それぞれが異なった、漠然としている希望であるため、メールを読んだときには、石井塾で何ができるかな?と考えた記憶があります。純粋な「能力の問題」も疑いました

しかし、まずはお試し入塾相談で、詳しく話を聞いてみたところ、Nさんの能力レベルは基本的に高く、改善したいと考えている上記の3つの問題は、実はひとつの原因から起こっているということがわかりました

そして、それは石井塾のメンタルトレーニングで改善する可能性が高いことを伝えました。慎重なNさんは、少し考えてから入塾申し込みがあり、それからトレーニングが始まりました。

2ヶ月の短期集中コース(6回)が終わるころには、これらの3つ課題のほとんどが、大きく改善していることを実感でき、気持ちよく卒塾されました。

その1ヶ月後に、Nさんから頂いた体験記がこれです。

————————————————————————–
社会人になってからというもの、自身の業務中の集中力の無さ、会議中発言するときに頭が真っ白になるといったことに悩んでおりました。この悩みを解消しようと思い、通信教育や、本を読んで個人でトレーニングを行っておりましたが、効果はほとんどありませんでした。

s-GUM02_PH03101今のコンサルティング会社に転職して、前述の悩みがさらに深刻になりました。そこで、専属のトレーナーが付いて、自身の集中力トレーニングを手伝ってくれるような塾を探したところ、石井塾を発見いたしました。

初回の石井塾長との面談で、「集中力がない」という悩みは、特定の苦手なタイプの上司や取引先との「あがりや緊張」からきているものではないかと言われた時、正直驚きました。確かに、緊張しやすい性格ですが、仕事の集中力に影響を与えているとは思ってもいなかったからです

塾長を信じ、呼吸法のトレーニングをすること3週間、徐々に効果が出て、何か行う前には呼吸を整えるようにしたところ、ミーティング中に思ったことを発言できるようになりました。それ以降、毎週進歩があり、周囲の雑音を気にせず業務に集中でき、感情のコントロールも頭で理解できるようになり、さらに逆境下でも自分の意見を整理して言えるようになりました。最終的には、大勢の前でプレゼンテーションを行った際に聴衆の反応を楽しむことができるまでになりました。

この成果は、トレーナーとの密なコミュニケーションを取ってトレーニングが積めたおかげだと思っております。もちろん、トレーナーが付いて毎日トレーニングをできるわけではないので、日々己との戦いです。絶対に克服するという強い意志を持って、日々トレーニングを積み重ね、一週間に一度、トレーナーに報告し、できなかった点をどのように解消するのか話し合えた結果、長続きかつ、自身のあがりを相当克服できたのだと思います。

卒塾して1か月たった今でも、トレーニングの効果はまだ続いており、人前で話すのが楽しくなりました。また、何事にも落ち着いて向かい合えるようになり、物事を深く考えることができるようになりました。習った成果を持続させていきたいと思います。
————————————————————————–

Nさんは、これまで長く抱えていた「集中が続かない本当の原因」を理解し、それを改善する正しいトレーニングによって、その問題を短期間で解決されました。

暗示や催眠と違って、呼吸法トレーニングの成果は、長続きしやすいものです。ただ、同じようにやっていてはダメです。自分なりに試行錯誤を続けて、より自分のものにして欲しいと思います。

 

関連記事

  1. 治療ではなく、学習

  2. 集中力トレーニングの新記録

  3. H社長のビリヤード その2

  4. 書痙を克服したプログラマー

  5. 妻から「瞬間湯沸かし器」といわれた部長はなぜ変われたのか?

  6. 超一流になるのは才能か努力か?