今年1月のブログで、その時点で、どんな塾生が在籍しているのかをデータで紹介しました。

塾生の属性は、大きく分けると、「アスリート」「演奏家・技能職」「社会人・学生」「経営者」に分かれるのですが、経営者には、自営業や高度専門職、上級管理職の方も入ります。

今日は、この経営者コースに在籍している塾生について、どんな方がいるか、ざっとだけご紹介したいと思います。

現在、経営者(エグゼクティブ)コースに在籍中の方は、11名です。その内訳は・・・、

・中小企業社長(製造業) 男性50代
・中小企業社長(消費材企画販売) 男性40代
・中小企業社長(土木建築) 男性40代
・中小企業社長(サービス) 男性40代
・ベンチャー社長(ネット販売) 男性40代
・上場企業副社長(創業者の2代目) 男性40代
・外資大手会計パートナー 男性40代
・外資巨大企業経理部長(CFO候補) 男性50代
・歯科医師(開業) 男性50代
・医師(勤務医) 男性30代
・医師(勤務医) 女性40代

もちろん、守秘義務がありますので、相談内容などについては書くことはできません。とはいえ、実際、これらの方々は、何か大きな問題を抱えているというより、ちょっとしたきっかけでやって来られ、そのまま継続されている方が多いです。

なお、元塾生でいえば、エリート弁護士(日本最大の弁護士事務所勤務)、テレビCMでも有名な健康食品会社創業社長、一部上場企業役員など、社会的にはかなり成功されている方も大勢いました。

社会的、金銭的に成功していても、正直、あまり好きになれない人も少なくありませんが、何らかのトラブルを、自分の力で地道に解決していこうと、石井塾の門を叩いた人たちなので、皆さん本当に低姿勢の素晴らしい人が多かったです。

もう長い人だと3-4年の方もいますが、皆さん忙しいので、1年を過ぎると、だいたい月1-2回やってこられて、その間の振り返りをしたり、脳トレに取り組んだりしています。

ある塾生が言うには、その1カ月で起こったことを、思い出しながら正直に話すことで、自分自身の考えや行動も整理されるし、私から客観的、率直、かつ専門的な意見がもらえることが、一番の継続理由とのことでした。

まあ確かに、私は思ったことは言ってしまうほうですが。。。まあ、経営者は、なかなかずばり言ってくれる人がいないこともあるので、そういう面でも役に立っているのかなとも思います。

今後は懇親会なんかも企画しているので、せっかくの縁を、横のつながりに変えていきたいと考えています。

 

<
大事な本番で緊張するあなたに石井塾
平常心

本番に弱いあなたに必要なのは平常心です。大事な場面でも平常心でいることができれば、過度にあがることなく、本当の力を発揮することができます。
石井塾の「平常心」コースでは、一般社会人や学生を対象として、あがり症を克服するだけでなく、本物の平常心を身につけるための具体的トレーニング方法を指導します。

03-6459-4975

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧



  • アーカイブ

ページ上部に