恐怖心やイップスにどう打ち勝つか?

フィギュアスケートをしている塾生とのセッションで話を聞いたのですが、近年、フィギュア競技において、ジャンプの重要性が一段と高まっているそうです。

女子は、トリプルアクセル(3回転半)を飛べれば、それだけで日本代表になれるし、男子ジュニアも、大会でトリプルアクセルを飛べれば、世界ジュニアでメダルが取れるとか。

なので、ジャンプの練習もとても重要になっており、日々の練習においての取組割合は高くなっているそうです。

昨年のシーズンから、男子と女子のフィギュア選手を指導しましたが、二人とも、ジャンプ練習が怖いというのです。踏み切る直前になんか怖くなってしまい、思い切って飛べないとのこと。それを「パンク」というそうです。調子を崩すと、練習中にパンクばかりするようになるそうです。

これはフィギュアをやっている選手のほとんどが抱えている課題らしく、結局、それを「強い気持ち」で乗り越えたものだけが、羽生選手のように世界に羽ばたける、というような指導がされるようです。その恐怖に打ち勝つために必要なことは、気持ちで負けないこと。絶対にできると信じること。転んでも、大した怪我にはならないから思い切ってやることだけを考える。

こんな指導が一般的なようです。

もちろんこれも大事だし、ファーストステップであることは間違いないのですが、私は長く悩んでいる人には、もっと他にもやることがあることがあると確信しています。

というのも、今、脳科学では、この踏み切る直前に「恐怖心」が湧いてしまう理由を、ほぼ完全に解明しているからです。

専門的にいえば、恐怖反応の条件づけができているから。簡単にいえば、恐怖の条件反射ができているのです。条件反射なので、踏みきりに来るまでは、強い気持ちでいることができても、踏み切りのときに「怖さ」が出てしまうので、その結果、体が思い切って動かなくなるのです。

浅田真央が引退に追い込まれた理由も、この恐怖心にあったんだろうなあと推測されます。後半、トリプルアクセルが本当に飛べなくなっていましたから。

これはイップスと呼ばれる症状を抱えるゴルファーやテニス選手にも共通していることです。ただ、ゴルフのイップスは、ジャンプのように飛ぶわけではないし、結果として怪我をするわけではないので、本来の意味での「恐怖」ではない分、実際にイップスを抱えてしまった選手は心理的に苦しみます。なんで怖いんだろう・・・と。

こういった症状で悩む選手を、精神論や根性論で指導すれば、なかにはそれで立ち直る人もいるのも確かですが、なかなか症状が改善されない自分に自信がなくなり、さらに悪化してしまうことも少なくありません。

条件反射は、レモンをみると唾が出るようなものです。なかには、「レモンは甘いんだ」と強く思うこと、自己暗示をかけることで、唾が出ないようになる人がいるかもしれませんが、全員ではありません。

恐怖心やイップスは、急になくなるものではなく、少しずつ「小さくする」ものです。石井塾ではそのための心理スキルを身につけるメンタルトレーニングと、希望する人には、なぜその心理スキルで恐怖心が小さくなるのかの神経メカニズムを教えています。

実際、パンクが多くなっていたフィギュア選手は、ふたりとも、パンクの割合が大きく改善し、ほとんどなくなったという報告を受けています。

まずはメカニズムをきちんと理解することが大事なのです。恐怖は思考よりも、早くて、強いのですから、理想論・精神論よりも、もっと現実的なアプローチがあるのです。

関連記事

  1. カフェインの功罪

  2. 「リラックスしよう、落ち着こう」とは考えない!

  3. 女子アスリート特有のストレス

  4. なぜ菊池雄星の球威は落ちたのか?

  5. 書痙を克服したサラリーマン

  6. やってはいけない本番に向けてのテーマ設定