囲碁棋士の塾生が二段に昇段

現役塾生の女流囲碁棋士、木部さんが、今月頭に二段に昇段しました!

CapD_154二段に昇段するには、プロ棋士(初段)として、昇段対象となる公式戦30勝が必要で、その多くは男性棋士との対戦になります。女流棋士が早く昇段するには、男性棋士を数多く破る必要があります

2012年にプロ棋士となってから、公式戦での男性棋士からの勝利数は、2012年(2勝)、2013年(4勝)、2014年(2勝)、そして2015年(8勝)です。

石井塾への入塾は2014年5月で、2013年後半から続いた不調から脱出するためでしたが、結果的に少し時間はかかりましたが、2015年に結果を残すことができたといえるでしょう。

ちなみに、2014年の公式戦は<8勝14敗>、2015年は<20勝22敗>でした。

今年に入り、少し負けが先行していましたが、2月に参加した、若手棋士の国際棋戦のメンバーに選抜され、韓国ソウルで、中国・韓国・台湾の棋士と対戦し、韓国の女流棋士から初勝利をあげました。これがまたひとつのきっかけとなるでしょう。
>> 日本棋院のウェブサイト

ただ、これで満足しては困ります。三段昇格、そしてまだ未達成の女流棋戦での本戦トーナメント出場を目指して、精進して欲しいと思います。

彼女の石井塾へのコメントは、下記のブログエントリーにあります。
>> 塾生(囲碁棋士)の声20150804

関連記事

  1. K部長の入塾理由

  2. 家族の後押し

  3. 6月の新塾生たち 2017

  4. 芸大へのリベンジ成功!

  5. 塾生の結果速報20121012

  6. あがり症の克服に向けて大事なこと