バイナリービートで集中力は高まるか?

最近、塾生の間で、バイナリービートと呼ばれる「集中力を高める聴覚プログラム」アプリをスマートフォンにインストールする人が増えていて、効果があるかどうか、をよく尋ねられます。

バイナリービートとは、左右の耳から、異なった周波数の音楽を流すことで、脳波が、その周波数の「差」になるというメカニズムを利用したものです。

アプリの制作者によると、シータ波は集中しているときに出ている脳波なので、シータ波に設定したバイナリービートを聴いていると、自然と脳がシータ波の状態になり、集中力が高まるそうです。

果たして本当でしょうか?

バイナリービートで、ある程度、確かに脳波はシータ波に近づきます。

しかし、「シータ波だから集中している」という考えは、実は間違いで、バイナリービート、もしくは単なる音楽の効果による「脳の鎮静化やリラックス効果」から、過ストレス・過不安な人には集中力が高まる可能性はあります。

すなわち、主な効用は、リラックス効果と考えるほうが良いでしょう。

シータ波についての、この考えの論拠を知りたい方は、久しぶりに「塾長の脳の探求」ブログを更新し、シータ波の考察をしていますので、参考にしてみてください。
http://www.ishii-juku.jp/coach-memo/thetaandfocus/

ちょっと難しいですけど、脳の理解には役に立つはずです。

なお、シータ波を増大させることだけが目的であれば、実は、もっと強力なツールもあります。

そのうち、それについて書きたいと思います。

関連記事

  1. 小笠原の脳効果

  2. 「考えるな、感じろ」の名場面

  3. 集中力の低め方

  4. 塾生のテレビ出演情報20140226

  5. 塾生のテレビ出演情報20140110

  6. 「考えるな、感じろ」がわかる正月特番