バイオフィードバック訓練
石井塾では、メンタルトレーニングのなかでも、特にバイオフィードバック訓練を得意としています。なぜなら、バイオフィードバック訓練こそ、 「考えないで、感じる」をトレーニングできる最善の方法だからです。

バイオフィードバックとは、心拍数・筋緊張・脳波などを、センサーからパソコンに読み取り、リアルタイムで本人にフィードバックすることによって、自分の心と体の状態を正しく理解し、望ましい方向に修正するためのメンタルトレーニングです。

eeg02

脳波のバイオフィードバック。望ましい脳波になると、パックマンが動き出す!

例えば、大事な場面で緊張しすぎたり、考え過ぎてしまう人は、

– 肩に力が入る
– 心拍数が高くなる
– アルファ波が少なくなり、ベータ波が増える

といった身体変化が起こります。

バイオフィードバック法では、専用機器で、こういった身体変化を測定し、その数値やグラフをモニターなどに表示します。選手は、その数値を正常に戻すことで、緊張を正しくコントロールする方法を学ぶのです。

hegbfjpg石井塾では、現在、次の5種類のバイオフィードバック訓練を行えます。

● 心拍数(HR)
● 心拍変動(HRV)
● 筋緊張(EMG)
● 脳血流(HEG)
● 脳波(EEG)

これらの生理指標を測定することで、呼吸・集中・イメージなどのメンタル能力が、本当に高まっているのか、さらには、どれだけ高まっているのかを確認することができます。

バイオフィードバック訓練は、海外では広く普及しており、海外の先進的なメンタルコーチのあいだでは、積極的に導入されていますが、心理教育が遅れている日本では、まだまだ認知されていません。

日本国内で、このような多様なバイオフィードバックを指導できるの民間施設は、恐らく石井塾だけです。

なお、石井塾では、バイオフィードバック訓練を行える指導者の育成も行っています。